« 「橋下発言」について | Main | 『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史』 »

May 23, 2013

過剰な反日は韓国に良くない

 今週号のニューズウィーク日本版のカバーストーリーの「韓国の自滅外交」は興味深かかった。韓国の自滅外交とは言うまでもなく、過剰な反日が韓国にとって不利益をもたらすということだ。

 韓国が反日であることは、当然のことであり、よくわかることではある。が、そうであったとしても、今だ反日を国是としているかのような朴大統領の振る舞いには、以前も書いたように、いささか不安を感じるものだ。

 ニューズウィークにも書かれていたように、韓国は将来的にはアメリカ依存から脱し、中国側へと大きくシフトし始めている。朴政権の外交の主軸は中国、アメリカ、そして韓国の三つである。ここに日本はない。

 この日本外しは、韓国の視線が中国に向いているからだと思う。朝鮮は長い間、(好むと好まざるとに関わらず)中国を宗主国としてきた。宗主国がなにを望んでいるかを察することは、朝鮮が国家として生きていく上で必要なものであり、朝鮮はそうして存続してきた。19世紀末から20世紀初頭の日本と朝鮮の不幸な関係も、朝鮮は清を宗主国としており、この宗主国の存在を無視することができなかった。故に、日本に対してのああした結果になり、日韓併合になってしまったとも考えることができる。

 この、あえて言えば、悪いくせがまた出てきた。中国は韓国が反日であることを望んでいるのだろう、反日である韓国を中国は喜ぶだろう、という世界認識だ。実際のところ、中国が韓国に反日であること望んでいるかというと疑問だ。中国からすれば、ある種どうでもいいことであり、韓国が反日であっても別に中国にとって困ることではないのでそのままにしておくだろう。かくて、韓国は「中国はこれを望んでいるだろう」という空想的な国際認識をますます膨らましていくことになる。

 韓国にとってアメリカと手を組んでいる意味はなにかというと、もちろん北朝鮮があるからだ。では、北朝鮮が体制維持のために軍事国家であるよりも、経済国家であるようになろうとしたら、あるいは韓半島が統一国家になったのなら、もはや韓国にはアメリカ側にいる意味はない。

 アメリカは、もはやかつてのようにベトナムに介入した頃のアメリカではなくなっている。日韓や日中の紛争に、あるいは北朝鮮問題そのものについてもさえ、アメリカは関わるつもりはまったくない。

 今の東アジアは、アメリカの軍事的プレゼンスの低下と勃興する中国の狭間にある。韓国がアメリカ依存から離れていくのはやむを得ないことだ。しかし、過剰に反日感情を煽り、日韓関係を不和にすることは韓国にとって有益なことではない。韓国は、宗主国がよかれと思う世界を自ら求めるという思考傾向と、反日がナショナリズムの基軸になるという朝鮮近現代史の軛から脱却しなければならない。

|

« 「橋下発言」について | Main | 『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史』 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 過剰な反日は韓国に良くない:

« 「橋下発言」について | Main | 『オリバー・ストーンが語るもうひとつのアメリカ史』 »