« 『中国化する日本』を読む | Main | 野口悠紀雄著『経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか』を読む »

May 10, 2012

『平清盛』は見たい人が見るで良し

 いやあ、いいです。大河ドラマ『平清盛』。視聴率が低いとかどうとか、もうどうでもいいです。見たい人が見る。それでいいと思います。

 法皇と上皇の争いの狭間に置かれることになった清盛が、「法皇様と上皇様に仲良くしていただく!!」と大声で言い切ったシーンは、いやまあ、いいですね、このキャラクターは(笑)。

 近衛天皇が病気になり崩御、次の天皇に後白河天皇が即位するまでのことを、先日の「第18回 誕生、後白河帝」は見事な展開でさっと進ませた。こんな話でいいのかと思ったりもするけど、日本史の授業ではなくドラマなのだから、細かいことをゆっくりやっていては1年間で終わらない。

 このドラマ、いろいろ言われていますが、歴史へのきっかけになると思います。「この時代は、こんなことがあったのか」と興味を持って、あとは自分で本を読んだりすればいい。そして、『平清盛』を見ながら、これは史実ではないとか、ここはこうだったのかとか思い巡らせばいいと思う。

 その意味で、今回の大河ドラマは実にいい。なんかこー、自分で探求できる、思い巡らせることがラクにできる雰囲気がある。

« 『中国化する日本』を読む | Main | 野口悠紀雄著『経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか』を読む »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『平清盛』は見たい人が見るで良し:

« 『中国化する日本』を読む | Main | 野口悠紀雄著『経済危機のルーツ モノづくりはグーグルとウォール街に負けたのか』を読む »

September 2022
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ