« 『製造業が日本を滅ぼす』を読む | Main | 日本も韓国も同じく同等な同盟国である »

May 29, 2012

「未解決事件 オウム真理教 17年目の真実」

 NHKオンデマンドで「未解決事件 オウム真理教 17年目の真実」を見た。

 あの事件はなんであったのかというより、この番組をもってあの事件を問うということにものすごい違和感を感じた。この番組はオウムを宗教テロ団体としてしか扱わない。なぜならば、この番組は当然のことながら、未解決犯罪事件としての地下鉄サリン事件の番組だからだ。

 その一方で、例えばオウム真理教の信者を扱ったドキュメンタリー映画の『A』『A2』には犯罪性は出てこない。なぜならば、オウム真理教団は犯罪とはまったく関係ない信者たちの集まりでもあったからだ。

 この「犯罪とはまったく関係ない信者たち」の一部が一連の犯罪行為を犯したのは、番組では教祖の性格や思考にその原因があった、信者はそうした教祖にだまされていた、でオワリというのはあまりにも短絡ではないかと思う。

 地下鉄サリン事件は、宗教による無差別テロ事件だった。NHKの番組は、未解決事件として、なぜこんな事件が起きたのかを問うが、古来、人間は宗教の名のもとで膨大な数の殺戮を行ってきた。今でも世界の各地で行われている。そのことはなぜ問わないのかと思う。

 宗教テロ組織として、アルカーイダ、ハマス、東トルキスタンイスラム運動、等々、数多くある。なぜ宗教団体がテロを行うのか。あるいは、宗教と精神病理の違いはなんなのか、精神医学から見てオウム真理教はどうだったのか。このように、いくつかの観点が挙げられると思うのだが、この番組ではそうしたことまで範囲を広げることはなかった。

 仮にこの番組が言うように、教祖の心理にその原因があったのならば、ではなぜこの者がそうした心性を持つに至ったのか。この教団がこうした反社会的犯罪を犯したのは事実だとして、では社会の側はこの教団に対してどうであったのか、ということはこの番組は問わない。チベット仏教の観点から、この教団の教義の何がどう間違っているのか、ということをこの番組は問わない。

 何度も言うが、なぜならば、この番組は、未解決犯罪事件としての地下鉄サリン事件の番組だからだ。それ以上、それ以下でもない。第三部の「オウムVS警察 知られざる攻防」の方が見応えがあった。

|

« 『製造業が日本を滅ぼす』を読む | Main | 日本も韓国も同じく同等な同盟国である »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「未解決事件 オウム真理教 17年目の真実」:

« 『製造業が日本を滅ぼす』を読む | Main | 日本も韓国も同じく同等な同盟国である »