« August 2010 | Main | November 2010 »

October 2010

October 30, 2010

『葉問』『葉問2』

 六本木ヒルズで開催されている東京国際映画祭で『葉問』『葉問2』を観た。どちらもDVDで何度も観ているのだが、これを映画館で上映するというのならば観ないわけにはいかない。映画というものは、DVDでチマチマ見るものではなく、映画館の巨大スクリーンで観るものなのだ。しかも、日本語字幕付き、である。ワタシの語学力ではまだ完全に聴き取れることができん。

 というわけで、平日の金曜日の昼間の上映なので、会社は年休をとってお休みとし、雨が降りそうな寒い空の下、六本木へ行ってきた。

 六本木ヒルズ行くのは、毎年2月26日に行われる押井守監督の例年のトークイベント以来のことだ。今回、地下鉄日比谷線の六本木駅から、「六本木ヒルズはこっち」みたいな目印に従ってそのまま歩いて行ったら六本木ヒルズへ着いた。なんと地上の道を歩くことなく、六本木駅からそのまま行けるのであった。六本木ヒルズができた時から、このルートはあったんだろう。自分が知らなかっただけのことだ。

 まず、『葉問』について

 サイモン・ヤムが演じる周清泉は、葉問のお兄さんなんだとずーと思っていたが、今回改めて見て、実際のお兄さんではなく、葉問の親友だったということを知る。光耀も実際の甥っ子ではなく、親友の息子であった。中国語は、実際の兄弟や家族でなくても「兄」とか「おじさん」とか言うので、ややこしい。

 キャストのロールで、日本の軍人三浦の副官が佐藤大佐という名前であることを発見。大佐クラスの人が副官をやるとは思えないのだが。あと、三浦がこの年代で将官になっているのもへん。もっと歳がいっていないとまだ将官にはなれんだろう。それと、葉問が日本人10人を相手に戦う時、この佐藤大佐(?)は「第5師団、1班、3班、始め」みたいなことを言うシーンがあって、はあ、ここでなんで「師団」が出てくるのと思った。日本軍の組織編成というものが、そもそもわかっていないのである。ただし、この佐藤大佐の、「上にへつらい、下に威張る」姿は、中国人から見た当時の日本人の一般的なイメージなんだろうなと思った。それを演じた、佐藤大佐の役の人、うまい。

 三浦は空手の達人という設定になっているが、この時代、日本では空手はまだ一般的に普及していない。空手イコール日本の武道という意識もまだできていない。さらに言えば、仮に三浦が空手の達人だとして、この時代の空手は、あんなハイキックをしないし、あんな動きはしない。まあ、細かいこと言うときりがないのだけど。

 葉問は、日本人なんかには、中国武術は決して理解できないと言う。前半の金山找との試合で、北の武術とか南の武術とかでなく、ようするにオマエ個人の問題なんだと言うシーンがある。それと同じく、日本人だから中国武術は理解できない、とかそういうことではなく、個人の問題なんだと思うが、なんで「日本人は」という話になるかなあ。まあなんといいますが、この映画は端々にお決まりの「抗日」テイストが満載で、このへん、しょうがないと言えばしょうがないのだけど、まあ、しょうがないですな。

 金山找は悪人というわけではなく、北の方から(言葉も違う)広東の仏山にやってきて道場を開こうとしただけだったわけで、その切実さが今回見てわかった。うーん、映画は映画館で見なくてはやはりわからん。

 アクションそのもので言えば『導火線』の方がいいが、詠春拳のグランドマスターを描いた武術映画としては、『葉問』は優れた作品である。美術セットも良くて、あの時代のストリート風景(ちなみに、ワタシはこうした「あの時代のストリート風景」って好きだよな)がいい。葉問邸の室内装飾も見事だ。

 二作目のサム・ハンの弟子のワカイモンを演じているトー・ユー・ハンは、『葉問前傳』で主役の葉問を演じているが、なんとこの一作目にも出ていたことを発見。徹底的に葉問に関わる彼なのである。トー・ユー・ハン君は、この後、武術アクターとして進んでいくのか、今後の彼に注目したい。

 葉問が言う、武術を学ぶにはカネがかかるという言葉には、あーそうだよなとうなずくワタシであった。

 次に『葉問2』について

 一作目と二作目では微妙に感じが違う。

 ホヮン・シャオミンは、この映画で初めて見たが、あの目がいい。かっこいい俳優だ。最近見た『スナイパー』という映画にも出ていて、どっかで見た人だなと思ったら、あの弟子第一号のにーちゃんであった。師父は強いと言う弟子の黄梁に、「今は強いかも知れないが、20年後はお前の方が強いだろう。誰でも歳を取る。だから心を鍛えるのだ」と言う言葉は、今回字幕で、こう言っていたのかとわかったが、なるほど、確かにそうだよな。この黄梁が、後に李小龍を実際に指導する人になることを思うと、この人もこういう時期があったんだなあと思う。思えば、師父の葉問だって、かつては弟子であり、武術を学ぶ身であったのだ。武術に限らず、諸芸一般において、先生とは、かつて、その先生の弟子であり、先生の生涯においては、常に「その先生の弟子」なのである。

 香港の道場主たちと試合をするシーンで、二人目に出て来る師父は、あれは八卦掌ということになっているそうだが、とても八卦掌には見えん。というか、香港では八卦掌とはああいうものだと思っているのであろうか。

 サム・ハンとの試合のシーンは、今回の「2」で楽しみしていたシーンで、期待通り見事な格闘シーンを演じている。まあ、格闘としては『SPL』の方が「必然性のある動き」をしていて、こっちはいかにも「映画的」なのであるが(武術の「必然性のある動き」だけやっていたら映画にならない)、それでもいい。あんな打ちまくったら、武術の達人だって、いくらなんでも息が切れるだろ、それがまったなくないのはいかがなものかとも思うが、それでもいい。

 冒頭のシーンで、サイモン・ヤムが日本の兵士に銃で頭を打たれるシーンがある。あのシーンを見て、あの(お兄さんと思っていた)人はこうやって死んでしまうのだなと思っていたが、記憶障害になって出てきて、あれそうなのかと思った。頭を打ち抜かれていたように見えたのですけど、傷跡すらないのはなぜ。

 『葉問』と『葉問2』に共通してあるのは、中国ナショナリズムである。しかしながら、詠春拳葉門派はいまや世界中に広がっている。世界の数多くの人々が詠春拳を学んでいる。このへん、どう考えればいいのか。

 日本語字幕については、ふーん、あれをこう字幕にしますか、という箇所が何カ所かあって、まあ、これは映画の字幕としてよくあることだ。

 『葉問2』の方は単館上映が決定したようだ、来年の1月なのだけど。観客動員数5000人を超えたら『葉問』の方もやるとのことである。あの新宿武蔵野館で観客動員数5000人を超えられるかどうか、うーむ。

 『葉問3』が果たして作られるのかどうかさだかではない。もし作られるとしたら、話の内容は当然のことながら李小龍の話になるであろう。葉問門下としての李小龍については、非常に関心がある。葉問派において、李小龍はもっとも有名な弟子である。しかし、詠春拳から遠く離れた(元)弟子の李小龍を、葉問派はどう評価しているのか。これをぜひとも知りたい。

 『葉問2』の上映後、往年のアクション俳優の倉田保昭と香港映画評論家の知野二郎さんのトーク・イベントがあった。下ネタ満載の倉田さんで、いやあ、なんと言いますか。ブルース・リーも気さくでラフな人だったそうで。そうだよなー、手作り映画作りだよなあ。

 ここで、李小龍の弟の李振輝(ロバート・リー)が顧問になって制作された映画"Bruce Lee, My Brother" の予告編が上映された。また、李小龍の伝記映画かと思ったが、『十月圍城』に出ていた梁家輝(レオン・カーフェイ)が父親を演じていて、これはなんかすごいっと思った。没後40年近くたっても、李小龍は語り継がれているのだ。しかしまたもや、アクションシーンが、李小龍はJeet Kune Doを創る以前なのに、映画のような動きをするのはなぜという疑問がてんこ盛りの内容になりそうである。香港では来月11月に公開予定だそうだ。これも日本で公開される可能性は低い。あるいは、単館上映になるのでははないか。

 李小龍、ブルース・リーが今の香港映画界を見たらどう思うであろうか。映画を通して、中国拳法を世界に広めることは、彼の目標のひとつであった。今や、中国拳法は世界の人々が知るものになり、香港映画は今や世界的な映画になった。この香港映画が開いた道を、中国本土の映画がさらに広げようとしている。香港映画は中華電影のひとつになるのか、それとも、これからも独自のジャンルを持ち続けるか。

 このトークショーで見た予告編をyoutubeで見つけた。

"Bruce Lee, My Brother"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 24, 2010

映画『小さな村の小さなダンサー』

 渋谷のBunkamuraで映画『小さな村の小さなダンサー』を見た。中国語を習っている先生から、この映画はいいから観てごらんと言われた。ようするに、オマエは拳法をやっているので、同じく自己鍛錬をして身体の動きを作り上げていくバレエの話で、かつ、オマエの好きな中国の話なので、この映画は良いのではないかということなのであろう。なるほど。じゃあちょっと見てみましょうかというわけで、ひさしぶりに渋谷にBunkamuraへと行った。

 この映画はネットでの評判はとても良い。良いのであるが、観客の入りは非常に少なかった。東京で上映している映画館も、渋谷と銀座の二館だけだ。なぜ、もっと数多くの映画館で上映しないのかと言えば、理由は簡単なことで、客が入らないから、であろう。映画そのものの観客が減っているし、今の状況では中国関係の映画は客の入りが少ないのだろうなあと思う。

 物語は、山東省の小さな村で貧しくとも家族みんなで楽しく暮らしていた少年リーが、ある時、北京から来た舞踏学校の視察団に選ばれて、バレエ学校の入学試験を受けることから始まる。これは、身体能力の優秀そうな子供たちを全国から選び、その中からさらに選別した子供たちに、バレエを学ばさせて国家の文化育成にしようという党の政策であった。しかし、本人からすれば、家族と離ればなれにさせられ、バレエという見たことも聴いたこともないものを覚え込まされるということだけのことで、とにかく少年リーにとって、教官に怒られてばかりのバレエはいやでいやでしょうがないものだった。

 この少年リーが、ある出来事をきっかけに本来の西洋バレエのすばらしさを知り、真剣にバレエの稽古に取り組むようになる。数年がたち、彼は舞踏学校でトップクラスの練習生になる。

 この北京舞踏学院の名誉校長は、江青であった。ある時、江青がこの学校を訪れ、練習生によるバレエ演舞を見る。ようするに、ごく普通のバレエの演舞である。これを見た江青曰く「踊りはいい、しかし、銃はどこ、革命を称えることはどこにあるのか」。この言葉を受けた教官たちは、本来の西洋バレエではなく、創作の革命劇のバレエにし、その次の演舞では、共産党を称える革命劇のバレエを上演する。これを見た江青は、喜ぶのであった。

 これはバレエの物語であるが、例えば京劇でも『覇王別姫 』を見ると、文革当時、共産党による激しい弾圧があったことがわかる。

 中国共産党が、中国の文化史に残した罪は大きい。共産党は、中国の歴史的文化をすさまじく弾圧した。文化を抹殺しようとしたと言って良い。それは1960年代から始まるいわゆる文化大革命からそうであったわけではなく、その前の国共内戦の頃からそうであった。むしろ、国民党の方がそうしたものを擁護していた。そのため、それらの多くが国民党とともに大陸を去り、台湾へと移った。ちなみに、中国拳法もまた同じく共産党が弾圧すべき「悪しき古き中国」であり、数多くの武術家も国民党と一緒に台湾へ移った。このため、古き良き中国の文化の多くは、今日、大陸の方ではなく、台湾の方にあると言っても良い。今の中国は、あの当時の弾圧を間違っていたとし台湾に逃れたそうした文化遺産を取り戻そうとしている。しかし、今の中国は文革を「間違っていた」としているが、だからと言って文革を正面から批判するのは今でもできない。

 時代は変わり、1970年代になり、毛沢東の死去の後、江青は逮捕され、失脚していた鄧小平が復活し、文革は終わる。対米関係の関係改善が行われ、アメリカからバレエ団が北京舞踏学院を訪れる。このバレエ団に見いだされ、リーはヒューストンのバレエ団での研修に参加することになり、アメリカへと行く。

 この「アメリカに行く」ということもまた、政府の政策であった。なにしろ、党が許可しなくては外国に行けないのである。この時代、中国政府は各分野の優秀な若者たちを欧米に送り、知識や技術を学ばせて、帰国後、国家建設に貢献させるという政策を行っていた。

 リーが初めてアメリカへ行き、ヒューストンの空港に着き、そこから街へタクシーで移動するシーンで、彼はタクシーの窓から初めて見るアメリカの都市の景観に驚く。街の風景が、彼が中国で教えられてきたアメリカの姿とはあまりにも違うのだ。面白いことに、このシーンを見ながら、僕は自分が去年行った北京を思い出した。自分もまた北京空港からタクシーに乗って北京市内へ行ったわけであるが、もう夜であったが、タクシーの窓から見る風景は、それまでの自分の知識の中にある中国の街とはまったく違う、超近代的な都市の夜景がそこに広がっていた。1970年代に北京からヒューストンに行ったリーは、その都市の景観のすごさに驚いたが、2009年に東京から北京へ行った僕は北京の街の景観のすごさに驚いた。つまり、この40年間で北京の景観は一変したのである。

 アメリカの実際の生活を知ったリーは、それまで教えられてきたアメリカ資本主義帝国の話が間違っていることに気がつく。そして、彼は亡命を決意する。

 思えば、山東省の小さな村から北京へ行ったことも、北京からアメリカへ行ったことも、彼個人の意思ではなく、党や周囲の意思であった。亡命は、その彼が、初めて自分の意思で決定したことだった。初めて自分の意思で決定したことが、自分の祖国を捨てるということだったことにやるせなさを感じる。

 かつての中国では、能力のある若者で自由を求める者は亡命をせざるえなかった。しかし、今や中国は世界の大国である。今の中国の若者たちは、欧米に行っても、彼の地の文明のレベルの高さや文化の洗練さに気後れすることはないのではないか。欧米で知識と技術を学び、母国中国に帰って、中国でそれらを発揮する場と機会が十分にある。その違いを思うと、リー個人の人生と中国現代史の重なりがさらに感じられて、さらにやるせなくなる。もちろん、アメリカでバレエダンサーとして生きていくことだけが幸福であるわけではないだろう。そもそも、小学生の時、視察団に選ばれることがなければ、山東省の村の農夫としての人生を送っていただろう。どう生きていくのが一番いいのかは誰もわからない。結局は、自分の意思に従うしかない。だが、彼の国は、自分の意思に従う自由を否定し、党の意思に従うことを強制される国であった。

 この物語は、実話をもとにしている。

 主役のリーを演じたのは、イギリスのバーミンガム・ロイヤル・バレエ団の人で、その身体の動きは見事としかいいようがない。僕は、バレエについてはまったく知らない。この映画の中で出てくるバレエシーンのなにがなんであるのか、なんという作品のどの部分なのか、さっぱりわからない。わかるのは、とにかく、この人の身体の動きが奇麗だなとか、こうした動きができるようになるにはそうとう練習をしたのだろうな、ということぐらいである。それだけはよくわかる。

 リーの母親をジョアン・チェンが演じている。『ラストエンペラー』で皇后の婉容を演じた彼女が、これがまた見事に田舎のお母さんを演じている。リーが亡命したので、そのことを糾弾しにきた村の人たちに向かって、「国が自分の子供を取り上げておいて何を言うか!」「私の子供を今すぐ返せ!」と叫ぶシーンがある。なるほど、親からすれば、国に息子を取られただけのことであった。

 誰も好きこのんで国や家族を捨てるわけではない。それでも亡命したいという意思の裏には、自分は身勝手な人間である、自分は祖国にはもう戻れず、この世界に一人である、という思いが常につきまとっていた。そのへんの描写が、リーが故郷の村を出る時に家族と一緒にとった写真を手にとって見るシーンにある。この屈折した心理が、リーをバレエの猛稽古に向かわさせたのだろう。もって生まれた才能と絶えざる修練が、彼を優れたダンサーにした。そして、彼はダンサーとしての名声と栄達を手にした。その心情は、後悔なき人生であったであろうが、かといってまったく幸福な人生だったとは言えないのではないか。彼の前半生は、中国の政治に動かされた前半生だった。

 この映画は、オーストリアの監督の映画である。原作者リー・ツンシンは、現在オーストラリアに住んでいる。中国へは戻っていない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2010

映画『十月囲城』を観た

 映画『十月囲城』を観た。例によって、ドニー・イェンが出ているからということで、これは見なくてはと、香港のサイトからDVDを買って、中国語で観た。この映画も、見る前はなにも知らなかったけれども、見終わったあとで、かなり深く考える映画だった。

 まず、この映画の舞台である1900年代初頭の香港の町並みのセットがすばらしい。この映画のために、実際のスケールのストリートを作ったのだという。この光景と人々の姿が、ものすごくいい。

 この映画の冒頭は、孫文の同士で香港興中会を結成した楊衢雲の暗殺のシーンから始まる。このシーンがまたいい。楊教授は、若い学生たちにリンカーンの言葉を引用し、民主主義を語る。学生の中の一人の女子学生が「この国は、いつか民主主義の国になるのでしょうか」と問うと、楊教授は悲しそうな、遠いところを見つめるような目をして、しばらく考え込み、そして「自分には分からない、自分の生きている時代にはそれを見ることはできないだろう」と語る。そして、学生たちの前で、楊教授は、銃声とともに頭を打ち抜かれて倒れる。このシーンは考えさせる。この時代の香港では、民主主義国家中国を考える人々がいた。しかし、それもまた清朝によって潰されていく。このへんが、今の共産党中国のもとでの民主化運動の姿を垣間見せる。

 1905年10月、中国全土の各省の代表と革命計画について話し合うために、孫文が当時亡命していた東京から香港にやって来る。北京の清朝は、孫文の暗殺命令を閻孝國将軍(これを胡軍が演じている)に命じる。これに対して、香港興中会の陳少白と孫文を支援する商人の李玉堂が、孫文が香港に滞在する、わずか数時間の間、暗殺者たちから孫文を守ろうとするのが、この映画の物語だ。

 この映画は、孫文側が「正義」で暗殺者側が「悪」であるような単純な二元図ではなく、むしろ、これだけの犠牲を強いた孫文に、その是非を問いかけているようなラストだった。このへん、制作の陳可辛の以前の作品の『投名状』と同じく「問いかけるラスト」がいい。とにかく、この映画は人が次々と、淡々と、死んでいく。これらの犠牲の上に立つ革命とは、何であろうか。そして、この後、中国現代史は、さらに数多くの人々が死んでいく。100年もの歳月をかしても、中国は今なお民主国家になっていない。孫文が言ったように「革命いまだ成らず」である。

 こうした重い内容を、豪華キャストでエンターティメントもありの大作映画として作る今の中国映画はさすがだ。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« August 2010 | Main | November 2010 »