« 大阪なう | Main | 電子書籍版『深夜のニュース』を考える »

April 10, 2010

ロシアについて

 ロシアについて考えたい。

 日本では、中国と並んでロシアに対する印象はあまり良くない。第二次世界大戦の直後のソ連軍による満州侵攻や日本人を強制連行したシベリア抑留、さらに北方領土問題など、どれもこれもソ連・ロシアに対する悪いイメージしか与えてくれない。今の日本人の大多数は、ロシアに対して悪い印象を感じているか、あるいは関心がないというところだろう。

 しかしながら、これからの世界を理解する上で、ロシアは中国と同じく、いや、ある意味においては中国以上に重要な国である。

 1991年にソ連が崩壊し、ロシアは世界の大国から巨大な発展途上国へと転落した。資本主義国になることを望んで、社会主義国をやめたとたんに、ロシア経済は崩壊状態になり、マフィアが支配する地下経済社会になってしまった。この状態を打破し、混乱のどん底から新生ロシアへと生まれ変わらせたのがウラジーミル・プーチンである。プーチンついては、元KGBであったということもあってか、日本では人気があまり高くないが、本国ロシアでは優れた指導者として人気がある。欧米のメディアは、プーチンの独裁さを嫌うが、今日の急速に発展しつつある今のロシアを作ったのは、まぎれもなくプーチンである。なによりも、ロシアは民主主義国であり、その民主主義のもとでプーチンはロシア国民に支持されているのである。

 今から10年後、2020年の世界の最も大きな課題は、経済大国であり軍事大国になった中国であろう。中国は、世界を覇権しようとするチャイナ・ウェイを歩き続けている。ロシアの最大の課題は、この隣国中国である。この中国に相対する日本にとって、ロシアは最良のパートナーになる。

 今、欧州ロシアの各都市は、急速にヨーロッパ化しつつあるというか、グローバリゼーション化が進んでいる。極東ロシアは、まだ未開発であるが、大きな可能性を持っている。ハバロフスク、ユジノサハリンスク、ウラジオストックなどは、日本と連携し、ビジネスを展開していくことで大きく発展するだろう。要するに、極東ロシアは、日本にとっての経済圏であり、極東ロシアでビジネスを行っていくことで、その向こうにある天然資源の豊富な中央アジア、さらにその向こう欧州ロシアへと広がっていくことが可能であり、もっと言えば、その向こうにはEUが広がっている。こうしたヨーロッパへとつながっている広がりを持っているのがロシアであり、中国にはこれがない。中間層の教育水準の高さ、科学技術力の高さも、中国にはないロシアの強さである。そしてなによりも、ロシアの親日感情の高さは、当然のことながら中国とはまったく違う。

 日本にとって、ロシアは良い隣国になりうる。今の日本人のロシア観は、ソ連時代とあまり変わることがない古いロシア観である。そうした古いロシア観は捨て去り、ロシアと新しい関係を持つべきであろう。

|

« 大阪なう | Main | 電子書籍版『深夜のニュース』を考える »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ロシアについて:

« 大阪なう | Main | 電子書籍版『深夜のニュース』を考える »