« 中国新声代 | Main | 中国はチャイナ・ウェイを歩く »

February 23, 2010

中国の脅威!!

中国の脅威!!


 産経新聞社の古森義久氏の最新本『アメリカでさえ恐れる中国の脅威!』を読む。内容は、アメリカ議会の常設政策諮問機関「米中経済安保調査委員会」の2008年度の年次報告書の抜粋である。この機関の主目的は「米中両国間の経済関係がアメリカの国家安全保障に及ぼす影響を調査する」ことであるという。この報告書によると、中国は人民元を操作し、膨大な資金を持つ国営ファンドを運営し、高度な科学技術を有して、大量破壊兵器を保有し、時には国際法を無視した主権拡大の策謀を行い、アメリカや日本にサイバー攻撃をしかけるという「中国脅威論」そのものの報告書である。

 ある意味で、国際社会から見た中国はその通りである。ある巨大な国が、これから国際社会の中で大きな位置を占めようとしているのだから、こうしたことは「当然のこと」であって、驚くべきことではない。アメリカから見れば、中国の台頭は「困ること」であろう。しかしながら、アメリカが困ろうが、日本がどうなろうが、中国は中国の道を行くわけであり、アメリカはこれまでそうしてきた。同じことを、中国もやりますよというわけである。

 いまや経済大国第二位の国になった中国がこうしたことやっているのは、何度も書くが「当然のこと」であって、驚くことでもなんでもない。そうしたことに対して、では、こっち側はどうするのか、ということなのである。

|

« 中国新声代 | Main | 中国はチャイナ・ウェイを歩く »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中国の脅威!!:

« 中国新声代 | Main | 中国はチャイナ・ウェイを歩く »