« November 2009 | Main | January 2010 »

December 2009

December 30, 2009

北京 2009

 今年のGWに旅した北京旅行の写真を遅ればせながらアップしました。

 今、ぼおおっと思い起こすと、現代中国というよりも清朝中国を見たかったのだと思う。

 この21世紀初頭の北京は、毛沢東のいた北京ではなく、「改革・開放」の北京である。北京オリンピック後の「見た目はいい」北京である。「見た目はいい」のであるが、実際のところは、「いろいろある」。その「いろいろある」ところについては、自分の能力ではまだわからず。ホテルで自分の部屋からアクセスしているネットが、なんかアクセスできない場所が多いなと感じるぐらいであった。その「いろいろある」ところは、北京から帰ってきて、東京でネットを通して、その後「いろいろわかってきた」のである。

 実際の画像データは、もっとサイズも大きくて画質も良いのだけど、ココログのマイフォトだとこうなってしまう。さらにケータイで撮った写真が、それなりにあるのだが、それらをアップする気力と時間がない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

December 29, 2009

この年末年始に読もうと思っている本

 NHKドラマ『坂の上の雲』を見て、19世紀末から20世紀初等の東アジアの近代史をもう一度、というか何度も考え直さなくてはならんなと思い、この年末年始は以下の本を読もうと思う。

 東京大学の日本近現代史の加藤陽子の以下の本

『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』(朝日出版社)
『戦争の日本近現代史—東大式レッスン!征韓論から太平洋戦争まで』(講談社現代新書)
『満州事変から日中戦争へ—シリーズ日本近現代史〈5〉』(岩波新書)
『戦争の論理—日露戦争から太平洋戦争まで』(勁草書房)
『戦争を読む』

 そして、さらに

『ノモンハン戦争—モンゴルと満洲国』田中克彦(岩波新書)
『「大日本帝国」崩壊—東アジアの1945年』加藤聖文(中公新書)

 まあ、しかし、今週、どこまで読めるのかわからんけど。とにかくまあ、まとまった本を読む時間をとれるのがもはやこうした年末年始だけになってしまった。ようするにまあ、戦争というものについて考えている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2009 | Main | January 2010 »