« 夏休みに突入 | Main | ファリード・ザカリア"The Post-American World"を語る »

August 11, 2009

ポスト・アメリカン・ワールド

ポスト・アメリカン・ワールド

 神保町の上島珈琲店にて。

 北京にいた時、上島珈琲店へ何度も行った。ここは外国人相手の店らしく、英語で注文ができるので、ついついラクな方を選んで、上島珈琲店へ行ってしまうのであった。そのかわり、珈琲一杯でも、中国の物価から見てものすごく高い値段なのである。 中国では、外国人相手の商売は、とにかくふんだくるのである。うーむ。

 というわけで、Newsweek Internationalの編集者Fareed Zakariaの"The Post-American World"を読み始める。アメリカ単独による世界管理は、もはや不可能になりつつある。そのことを一番よく知っているのは、アメリカ自身である。だからこそ、アメリカは今、新しい時代と状況に対応しようとしている。この自己変革力こそ、アメリカの本当の意味での強さである。

 そして、そのことがわからないのが、我が国のいわゆる親米派の人々だ。彼らはとにかく、なにがなんでもアメリカに従属していれば良いと考えている。これまで通りに、いや、これまで以上にアメリカに従属していれば良いと考えている。実は、こうした人々こそアメリカから見て「迷惑」な人々なのだ。

 ポスト・アメリカン・ワールド。世界は、その方向へと向かっている。

|

« 夏休みに突入 | Main | ファリード・ザカリア"The Post-American World"を語る »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ポスト・アメリカン・ワールド:

« 夏休みに突入 | Main | ファリード・ザカリア"The Post-American World"を語る »