« 空幕僚長の懸賞論文を読んでみた | Main | それぞれのアメリカ »

November 06, 2008

Yes, we can.

 シカゴでのオバマの勝利演説を聴く。感動する。アメリカ史上初のアフリカン・アメリカンの大統領が誕生した。これによって、レーガン以後の共和党保守主義のアメリカは終わりを告げた。そして、北部の都会のリベラルが大統領になったのはJFK以来のことなのだ。

 しかしながら、共和党時代の数多くの問題がオバマに渡されたことになる。アメリカの覇権は、大きく傾き始めており、元に戻ることはない。その道のりが今始まったと言えるだろう。この先にいかなる困難が待っていようとも、一国の指導者は、人々に希望の光を与えなくてはならない。オバマは、それができる大統領である。

 オバマは語る。
"America, we have come so far. We have seen so much. But there is so much more to do. So tonight, let us ask ourselves -- if our children should live to see the next century; if my daughters should be so lucky to live as long as Ann Nixon Cooper, what change will they see? What progress will we have made? This is our chance to answer that call. This is our moment.This is our time, to put our people back to work and open doors of opportunity for our kids; to restore prosperity and promote the cause of peace; to reclaim the American dream and reaffirm that fundamental truth, that, out of many, we are one; that while we breathe, we hope. And where we are met with cynicism and doubts and those who tell us that we can't, we will respond with that timeless creed that sums up the spirit of a people: Yes, we can."

 そう、Yes, we can. and Yes, they can. アメリカはそういう国だ。

|

« 空幕僚長の懸賞論文を読んでみた | Main | それぞれのアメリカ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36163/43025280

Listed below are links to weblogs that reference Yes, we can.:

« 空幕僚長の懸賞論文を読んでみた | Main | それぞれのアメリカ »