« Change We Need | Main | Yes, we can. »

November 04, 2008

空幕僚長の懸賞論文を読んでみた

 田母神俊雄航空幕僚長の「定年退職」になった問題の懸賞論文を読んでみた。

 一読して、これはどうも産経新聞社の『正論』や文藝春秋の『諸君!』のような内容だなと思った。日本は侵略国家だったというのはぬれぎぬである、ということについて読むならば、小林よしのりの『戦争論』の方がもっといいと思う。コミンテルンの陰謀によって、日本は日中戦争に引きずり込まれた、さらに、アメリカとの戦争もコミンテルンの陰謀であった、だから日本は被害者であって悪くないという論法(?)には、はあっ?としか言いようがない。国際的な謀略があったことは事実である。そして、それに日本は巻き込まれたというのも事実である。しかし、それだけで、大日本帝国はあの戦争を行ったわけではない。しかも、やって負けて、後になって、あれは陰謀の巻き込まれただけだ、俺たちは侵略者ではない、というのが通用すると思っているのであろうか。そうしたことを主張したいとするその気持ちはよくわかる。しかし、英米及び中国側の視点も踏まえた視野で、あの戦争を論じているとは到底言えない。自衛隊の将官が、この程度の世界認識であっては困る。

 なお産経新聞は、「田母神氏は「第2の栗栖」として歴史に残ることになった。」と書いているが、栗栖元統幕長の更迭とは内容が根本的に違う。名古屋地裁でイラクの空輸支援が憲法違反の判決になった時、「そんなの関係ねえ」と言ったことで、現場自衛官の何の意味にならない、この空幕僚長は何を言っているのかと私は思った。その人と栗栖元統幕長を同じにしないでもらいたいものである。

|

« Change We Need | Main | Yes, we can. »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

自分も論文読んだけど論というよりエッセイに近いかな。しかし言いたいことや愛国心がストレートに伝わり、いいエッセイだったと思う。それに外国の視点やら回りくどい論は自衛官にはふさわしくないし、あんな短い論文で先の戦争を論じ切れるはずもなく断片的な論となるのは仕方ない。論の出来不出来よりも彼のようなストレートな人物が自衛官で良かったと感じた。複雑な世界情勢を読み、多角的で高度な論文が書けるなら自衛官である必要はないわけで。

Posted by: | November 06, 2008 01:27 AM

田母神氏が一佐とか二佐なら、それでいいですが、空将でしかも航空幕僚長の任にいる人であるのならば、ただのストレートな人物だけでいいわけにはいきません。将官の軍人は、多面的、総合的な視点でものを考えることができなくてはなりません。

Posted by: 真魚 | November 06, 2008 11:43 PM

おひさ。

チラシのウラで300万円でしたっけ?
うらやましい。

空幕長っていえば軍行政のトップ。
源田実を期待はしないけど、あれはひどいね。

Posted by: ルイージ | December 20, 2008 12:06 PM

ルイージさん、

まあ、自衛隊というのは特殊な世界ですから。

Posted by: 真魚 | December 21, 2008 11:10 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 空幕僚長の懸賞論文を読んでみた:

« Change We Need | Main | Yes, we can. »