« 経済に国境はない | Main | もう一度、国際柔道について »

August 10, 2008

国際柔道は柔道ではない

 北京オリンピックの柔道の試合を見て、毎度、思うことであるが、国際柔道は柔道ではないなと私は思っている。何でまあ、柔道がこんな姿になってしまったのか、ということと、全世界の人々が、「これが柔道なのだ」と思っていることを考えると怒りすらこみ上げてくる。

 もともと、柔道がこうなってしまったことは、大きな枠組みで考えると、明治の時代に、嘉納治五郎が柔術から柔道をつくった時から始まっていたとも言える。しかしながら、それでは嘉納治五郎が悪いのか、講道館が悪いのかというと、そんなことは一切なく、今日の柔道は、なるべくしてなったとしか言いようがないものがある。

 しかし、国際柔道がこうなってしまったというのは、これは「なるべくしてなった」とは言えないであろう。とりあえずまず、立っている状態での手で足を掬う行為は禁止とすべきである。それと投げられたら素直に受け身を取ること。投げられまいとして、もがく姿を見ていて見苦しい。投げられた時、いかに見事に受け身をとるかということは、実はものすごく大切なことなのである。それから、審判員の眼とか、ポイントをかせぐとか、そんなもん一切意識することを禁止としたい。いや、それは試合なんだから当然だろと言うかもしれないか、国際柔道の試合って、そうしたことが多すぎるのである。いずれにせよ、国際柔道の試合ルールには理解し難いことが多い。これは柔道ではない。

|

« 経済に国境はない | Main | もう一度、国際柔道について »

武術・東洋思想」カテゴリの記事

Comments

むしろ、レスリングまがいの柔道の方が本当のサムライが合戦で行なった組み合いに近いのではないですか?

現実の戦場は畳の上のようにきれいで安定した足場ばかりではありません。きれいな受け身をやろうにも、岩場に叩きつけられては元も子もありません。

実際の戦では甲冑を纏っているので、技をかける方もかけられる方も身が重く、硬く、道着のように動きの自由がききません。そうなると、レスリングまがいの柔道の方が「戦いとしての現実味」を帯びているように思えます。

何と言っても、現実の合戦で素直に技をかけられてしまっては自分の首をトロフィーとして差し出すようなものでは?

とは言うものの、格闘技と実際の格闘は違うものなのかも知れません。ジョン・マケインは海軍士官学校時代にボクサーでしたが、K1のことを「野蛮な喧嘩」と見ているそうです。

一定のルールに基づいて技を決め合うのが格闘技なのかも知れません。

ただし、国際化しようがしまいが現実の合戦や格闘をリアルに再現すると、その姿は似通ってくるように思えます。

Posted by: | August 11, 2008 at 09:13 AM

日本の柔道では無いですね。日本の協会は情けない。道着があれだけ乱れてみっともない姿で何故整えさせないのか、みすぼらしい。心技体を理解させてから競技資格を与えるべきだ、で無ければ資格を与えるべきでない。協会が情け無さ過ぎる

Posted by: GAMERA | August 12, 2008 at 03:37 PM

GAMERAさん

あの道着が乱れたままでやるのも見苦しかったですね。審判員によっては直させる審判員もいたようですが。あと、乱れた道着を直しても背中の方が直っていなかったりしていました。こいつは道着を直すということすらできないのかと思いました。ようするに道着をどう着ているかということは、試合のポイントにならないので、彼らにとってどうでもいいんですね。

全日本柔道連盟は国際柔道連盟の下部組織になっていますので、全日本柔道連盟が今の国際柔道を批判することはできないと思います。やはり、それができるのは講道館ですね。しかし、講道館がそれをやるかというと、そうとも思えない。

日本の柔道界はJUDOにも対応し、時代の変化についていくべきだという声がありますが、私はそう思いません。JUDOは、国際柔道連盟がやっている別のものだと思えばいいです。時代の変化についていくとか、いかないとか、そういう話ではありません。

Posted by: 真魚 | August 12, 2008 at 11:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36163/42120448

Listed below are links to weblogs that reference 国際柔道は柔道ではない:

» 「主婦をしたい」柔道・谷亮子、引退の可能性示唆 [ブログ検索ニュースBLOG]
 9日の北京五輪・柔道女子48キロ級で銅メダルとなり、五輪3連覇を逃した谷亮子は試合後、「今後のことは自分一人で決められないので周囲と相談します」などと語り、現役引退の可能性を示唆した。 谷は、「家族の協力がなければ、ここまでチャレンジすることはできなかった。(帰国後は)感謝の気持ちを持って主婦をしたいと思う」と話し、36歳で迎える2012年ロンドン五輪については、「自分自身の気持ちだけでは決めか...... [Read More]

Tracked on August 10, 2008 at 08:27 AM

» 谷亮子敗れる!「ママでも金」ならず [しなぷす]
五輪3連覇を狙う女子48キロ級の谷亮子(トヨタ自動車)が準決勝でアリナ・ドゥミトル(ルーマニア)に敗れ3連覇はならなかった。 谷は、1回戦では日系人選手のサヤカ・マツモト(米)に優勢勝ち。2回戦は延長戦の末、地元の呉樹根(中国)を退け、3回戦では3回戦..... [Read More]

Tracked on August 10, 2008 at 04:47 PM

» 柔道は武道ではなくなった! [「開港150周年」横浜が変わる!中小企業に役立つIT情報満載「スタソル日報」]
審判が終わりの合図もにないうちに、勝ったらガッツポーズで走り回り、負けたらまともに礼もせず。。。これが今の柔道である。 技を終えた後も、攻撃後の反撃に備えて注意を払う状態のことを「残心」というが、投げを打った後は寝技で押さえ込むのが柔道の基本ではなかったのか。。 「オール一本勝ち!これぞ日本のお家芸!」メディアをはじめとする賞賛の嵐が正直虚しい。。 「礼節」と「残心」 「柔道はお家芸」と呼ぶ日本人ですらこれができていないのは残念でならない。 柔道がスポーツとして国際化した時点でJUDO... [Read More]

Tracked on August 13, 2008 at 11:42 AM

« 経済に国境はない | Main | もう一度、国際柔道について »