« 日本占領政策としてのテレビの普及 | Main | 大阪へ行った »

June 01, 2008

『トム・ヤム・クン』を観る

 今、最も注目すべきアクション俳優は、タイのトニー・ジャーであることは、そっち方面の人々の間では常識であると言ってもいいことであるが、このトニー・ジャーの主演第二作目の『トム・ヤム・クン』について、あーなんかそういう映画があったな程度のことしか記憶になかった。第一作目の『マッハ』は見ているが、見た当時は、今のように武術にそれほど思い入れしていない時だったので、こりゃあ、すげえアクションだ、と思ってそれでオワリであった。

 最近、アクション映画でスタント専門にやっている人たちのブログをよく読んでいるけど、その中でトニー・ジャーの『トム・ヤム・クン』はとにかくスゲエと書いてあって、そーか、そーだったのかと、さっそくYoutubeで見てみると、これは確かにスゲエ、のであった。

 話は少し変わるが、関節技というのは、かつての武術の中で大きな意味を持つ技である。しかし、柔道は柔術から柔道になった時に関節技がなくなってしまった(訂正します。講道館柔道にも関節技はあります)。それから、空手には関節技はない(と言っていいかどうかはいろいろあるが、とりあえずない、とする)。今の日本の武道で関節技があるのは、合気道と、その源流である合気柔術である(くどいようであるが、柔道にも関節技はある。)外国の格闘術で言えば、寝技での関節技を多用するのはブラジリアン柔術であろう。逆から言えば、今の時代に古流にあった関節技を見ることは、それほど難しいということなのである。

 そういうわけで、関節技について、漠然というかぼぉーと考えているのであるが、Youtubeで『トム・ヤム・クン』のいちシーンを見て驚いた、というか感動してしまった。見事な関節技なのである。特に、相手の蹴りをああ捌くというのは、生まれて始めて見た。ここのシーンのことは、DVDの特典で、アクション指導監督がインタビューで語っている。

 ここのシーンのアクションは、これまでにないものにしたいという監督の希望があって、トニー・ジャーが古式ムエタイの先生になにか技はないかと尋ねたという。そこで、今は使われていないが、古いムエタイには象の型を使った関節技があると言われ、トニー・ジャーはその型を学び、さらに自分で工夫をして新しい関節技を考え出したそうだ。なるほど、確かに、あの手の動きは象の鼻に似ている。それにしても、シャム拳法というのは、象の動きからも学ぶということに驚く。中国拳法もそうなんだけど、とにかくまあ、アジアの格闘術というのは、動物や昆虫の動きから学ぶんだよなあ。

 とにかく、この40人以上はいる相手に片っ端から関節技をかけていくシーンと、1台のカメラが途切れることなく長回しで、フロアーを登りながら次々と敵を倒していくシーンは、アクション映画の歴史に残る名場面と言っていい。これほどの見事な映画でありながら、この映画のことがあまり知られていないのはタイの映画だからなのか。

 この映画での中国に対する見方も興味深い。密猟、密輸、人身売買、海賊版DVD、そして珍味嗜好と、中国が徹底的に悪い連中になっている。タイから見た中国のイメージがわかっておもしろい。こんなこと、日本の映画じゃできないよなあ。

|

« 日本占領政策としてのテレビの普及 | Main | 大阪へ行った »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

武術・東洋思想」カテゴリの記事

Comments

柔道やってましたが関節はいちおう残ってます^^;
やってるほうとしては恐いんですよね固技って。
柔道は乱取りがあるからですが。
小手取りからの投げは合気道に残ってますね。

Posted by: ルイージ | June 03, 2008 at 12:10 PM

ルイージさん、

そうですね。柔道には関節技がありました。ないと言ったら誤りでした。訂正致します。

中国拳法にも関節技があって、稽古で相手の腕を極める時って怖いんですよねえ、確かに。相手によりますからねえ。

柔術から柔道になった時になくなったのは当身ですね。まあ、これもなくなったというと語弊がありますが。試合や乱取りで禁止になっているだけですね。乱取りを重視するというところが、講道館柔道の特殊性でもあり、欠点でもあるわけです。講道館柔道を創設された嘉納治五郎先生は、そのことをよく理解されていたわけですが、その後の講道館柔道、特に戦後になって、スポーツとしての柔道、さらに今の国際柔道になって、ますます柔道の本来の姿ではなくなってきているように思います。

小さな男が大男を関節技から投げ技でスパーンと投げる。相手も見苦しくもがくことなく、投げられたら、投げられたで、きれいに受け身をきちんととる。本当は柔道って、こういうもんだったはずです。国際試合で、こうしたシーンを観たい、とつくづく思います。

Posted by: 真魚 | June 04, 2008 at 12:06 AM

オンバク2も近々公開のはず。今度は武器を使ったアクションのようです。

Posted by: eki | June 25, 2009 at 11:03 PM

オンバク2、見たいですね。
『チョコレート・ファイター』は香港版のDVDで見ました。
これもよかったです。

Posted by: 真魚 | June 26, 2009 at 01:06 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36163/41390763

Listed below are links to weblogs that reference 『トム・ヤム・クン』を観る:

« 日本占領政策としてのテレビの普及 | Main | 大阪へ行った »