« じきに人々の意識が変わり、新しい時代が開けると | Main | 政宗の謝罪 »

October 28, 2007

戦争に先手なし

 robitaさんが、非常にインパクトのある文章を書かれた。それでコメントを書こうとしたのですが、例によって長くなってしまったので、例によって自分の方に置きます。

---------------------------------
robtaさん、

robitaさんが言われていることは、大別すると武装中立論になると思います。今のアメリカ従属関係から脱却し、日米安保は破棄し、独立した国防力を持った国家になるということです。思えば、昭和26年のサンフランシスコ講話条約で、戦後日本はアメリカの占領から独立したということになっていますが、実際のところは、この講話条約は「日本は今後、アメリカの従属国家になります」という内容であったわけです。まあこのへん、世界は米ソ冷戦になっていたので、好きでそうなったわけではないと言えば、そうであったわけですが。

そして戦後も半世紀を過ぎると、もうアメリカのいいなりにはなりたくない、そういう気分が広がっています。これはブッシュ政権になって、アメリカはあまりもメチャクチャなことをやり始めたので、もうつきあっていられないという感覚もあると思います。

そこで、アメリカ従属から脱却し、真に独立した国家になるということですが、ここで考えるべきことは、やはり憲法9条だと思います。結論から申しますと、アメリカ従属から脱却し、真に独立した国家になるからこそ、憲法9条は維持しなければなりません。

なんでそうなのか、といいますと。

アメリカ従属関係から脱却するということは、今まで以上にアジア諸国との関係を深めなくてはならないということです。なんでそうなの、アメリカ依存をやめるだけじゃない、他の国との関係なんてどうでもいいじゃない、と思われるかもしれませんが、アメリカという後ろ盾を失うということは、今まで以上に、諸外国との関係を深めなくてはならないということです。特に重要になるのが、周辺アジア諸国です。

ところが、この周辺アジア諸国において、イルボンというか、リーベンというか、日本という国は、どーも好かれていません。まず、この現状では、とてもアメリカ依存をやめるなんてできません。超大国アメリカにはたてつくわ、中国からはバカにされるわ、韓国からは嫌われるわ、では、国際社会の中のやっていけません。戦後日本はアメリカ従属関係の中に身を置くことによって、逆に周辺アジア諸国の信頼を得ることをしてきませんでした。この「してこなかった」というツケが、今、日本の足を引っ張っています。

この現状の上で、なおかつ、日本が「日米安保はやめます」「自衛隊を国防軍にします」「憲法9条はやめます、なくします」となったらどうなるか。こりゃあもう、すわ、日帝の復活か!!と思うに違いありません。中国や韓国だけではなくロシアもそう思うでしょう。なんで、そんなこと思うの、日本がそんな国になるわけないじゃん。オマエたちがどう思うと勝手だが、日本が何をしようと日本の勝手だ。そんなことを思う、オマエたちが悪い、と思われるかもしれませんが、現状、イルボンというか、リーベンは、政治家が靖国神社を参拝したり、あの戦争は正しかったとか言っている以上、信用できません。

ここんとこ重要なので強調しますが、我々日本人としては、そんなことはまったく思っていない、そう思う前たちが悪いと思われるかもしれませんが、それならば、なぜ誤解され、警戒されるようなことをやるのでしょうか。彼らにも、彼らの生活があり平和を守る必要があります。隣に、前の戦争を反省していない不気味な国があったら警戒するのは当然です。つまり、日本の安全保障上、憲法9条を維持する必要があるということです。

憲法9条を廃止すると、周辺アジア諸国は日本に対する緊張感を高めます。そうした状態で、なにか事件が起こり、それがもとで中国とかロシアが、我が国への攻撃か!!と判断し、核ミサイルを日本に撃ち込むことなるかもしれません。そうなったとしても、国際世論は、「ああ、あの国はそうされてもしかたないね」ということなるでしょう。なんてったって、前の戦争は正しい、うちらは全く悪くないという歴史観をもった特殊な神社に政治家が参拝する国ですから。また、あの連中は何がしでかすんじゃないか、どうも信頼できない、あの国は今度は核ミサイルを抱えてカミカゼ攻撃をしてくるんじゃないか、そういう懸念があるから、国連でも日本はまだ敵国条例の対象になっているのです。

では、どうであればいいのか。日本が武装中立になり、真に独立した国になるには、「日米安保はやめます」「自衛隊を国防軍にします」しかしながら「憲法9条は続けます」あるいは、新しい「自分から戦争はしません憲法」を作る必要があるのです。

軍事力は必要です。武装中立なんですから、日本は武装します。こればっかりは、中国がなんと言おうと、韓国がなんといおうと、日本は武装します。日本は武装国家になります(武装国家になるための予算があるんですかという話は、ちょっと横に置いておきます)。しかし、その武装は身を守るための武装であって、他国を侵略したり、他国に暴力をふるう国を支援するためのものではありません。そして、そのことを世界の人々に説得して理解してもらわなくてはなりせん。中国や韓国が、100回言ってもまだ理解してくれないのならば、200回言って理解をしてもらうようにします。200回言っても伝わらなければ、300回言います。理解しないオマエたちが悪い、うちが何をしようとうちの勝手とは言いません。なぜなら、自国の意図を相手に伝える、伝えようとする熱意が、戦争を回避するのです。国家間がその意志をなくした時に、戦争は始まります。

ここで突然、映画の話になります。

先日、銀座で『黒帯』という映画を見てきました。沖縄空手の明武舘剛柔流空手の八木明人さんと日本空手協会の中達也さんが主演をした空手映画です。二人とも師範で、子供の時から稽古をしてきた人です。日本空手協会は松濤館流なので、つまり剛柔流と松濤館流という、今はやりのフルコン空手ではない伝統空手の二つの流派がそろって出ているということになります(もう一人、極真の人も出ますけど、この人はアクションなしです)(フルコン派の極真空手に伝統空手の動きができるのかというと、話が深くなるのでここでは触れません)(笑)。

昭和7年、軍国主義に突き進む世の中で、古くから続いていた空手道場が憲兵隊に接収されます。その道場で修行に励んでいた二人の若者が、一人は軍の命令に従うことで、己の強さを追求し、もう一人は師の教えを守ろうとします。この二人の若者が、亡くなった師の空手を継承するために争うという物語です。これは、良かったです。いわゆるアクション映画や格闘映画ではなく、ストイックで純粋な精神性のある映画です。武術としての空手の見事な動きを、ひさしぶりに見ました。夏木陽介の演じる師の柴原英賢はこう教えます。「空手に先手なし」と。「己より劣る者に勝って何になる」「己の技を全力で向けるのは己のみ」と。

国家の話に戻ります。

robitaさんは「日本が世界平和を全世界に訴えるならば、まず、強くなることを考えるべきではないのか。」と書かれています。この「強さ」とは何だろうと考えます。そもそも、ある国が他のある国の言うことに従う、というのはどういうことなのでしょうか。その国の言うことを聞かないと酷いことをされる、いやがらせをされる、いろいろと困ることになる、だから、その国の言うことに従う、というのは恐怖があるから従うのです。他国に恐怖心を与えて威嚇し、威圧し、恫喝することで従わさせているのです。そんな国に日本はなろうと言うのでしょうか。本当の強さとは、あの国には信頼がある、尊敬ができる、だから、あの国の言うことは正しいと思う、あの国に従います、そうなるのが本当の強さです。そうした「強さ」を持つ国にならなければなりません。

軍事そのものに、攻撃専門の軍隊とか防衛専門の軍隊とかいうものはありません。軍隊は軍隊であり、軍事は軍事なのです。専守防衛とは、戦闘の思想なのです。それを政治として、アメリカへの都合上、自衛隊といういびつな軍隊らしきものを作ってきたのが戦後日本なのです。そうしたことはもうやめて、本来の日本国の国民のための軍隊を作りましょう。そして、憲法9条を維持すること、つまり、戦争に先手なし、です。あの国は軍隊は強いのだけど、自分から攻撃することはしないという拳法、じゃなかった(笑)、憲法を持っている、さすが侍の国だ、立派だ、と思われるようになりましょう。これが国際社会での日本の発言力を高めることになるのです。どこぞの某国の属国のように、あの国にさからうと嫌がらせをされる、だからあの国に従おう、従うことが国益なのである、となるのはもうやめましょう。

|

« じきに人々の意識が変わり、新しい時代が開けると | Main | 政宗の謝罪 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

取り上げていただきありがとうございます。
こちらも長くなったので記事にしてTBします。

Posted by: robita | October 30, 2007 at 01:33 PM

舎さん、

日米永久同盟を主張される方が日本の武装中立に同意するわけがありません。
NATO諸国、インド、オーストラリアなどよりも、韓国・中国・ロシアの方が地理的には近いですが。近場の国々を「敵国」とするのは、いかがなものかと思いますが。
かといって、NATO諸国、インド、オーストラリアなどを「敵国」にするつもりもありませんが。

おや、舎さんは、私の言うボーダーレス・ワールドの同意者ですか?

Posted by: 真魚 | November 03, 2007 at 11:28 PM

舎さん、

脅威というのは、「実体としてあるもの」ではなく、相互主観によって「つくられるもの」ですよ。実体としてはありもしないイスラムの脅威を作って、テロとの戦いとすることと同じです。

いえ、今現在、日本を脅威と見ているのか、ではなく(今、現在どう見ているかは、それほど重要ではありません)、日本が再軍備をしたら、彼らはどう見るか、です。もっと詳しく言うと、どのように見るように彼らは国内世論を作るか、国内の日本イメージを作るか、です。Constructivismの応用です。例えば韓国にとってどうでもいいのならば、日本がF22を導入しようがしまいがどうでもいいはずです。

Posted by: 真魚 | November 04, 2007 at 12:42 AM

日本の対テロ支持を知らない人
>中韓は本当に日本を恐れているんですか?

君には日々newsをチェックする能力だけでなく
想像力もないんだね。

小さい頃から、多くの時間を割いて
日本の半島侵略という歴史を教わってきた
彼等が脅威を感じないと思う方がどうかしてるw

韓国の安全保障脅かす国「1位北朝鮮・2位日本」
http://www.chosunonline.com/article/20060430000027

北朝鮮 30.8%
日本 29.5%
米国 15.5%
中国 11.4%
ロシア0.8%

>客観的に脅威でなければだれも信じません。

過去人類は何度も信じますよ?
大量破壊兵器話とかw
生活面でも
「埼玉県ホウレンソウダイオキシン誤報道」
大規模な不買運動も起きたね。

逆に過大評価された清国の軍事力とか。
歴史くらい勉強しなよ。

Posted by: ルイージ | November 07, 2007 at 01:03 PM

韓国民が日本を脅威という調査結果を見せたら
きっと「政府は」とか言い出すwと思ってたら
別の場所で
>韓国の安全保障政策は明らかに北朝鮮の脅威に照準を合わせています。日本の脅威など、まず想定されていません。<
と休戦中だから武装軽減しないことを理由に
矮小化してきたw予想的中すぎて受けるww

『韓国の若手議員「北朝鮮より日本の方が危険」 2002/02/23 朝鮮日報』
http://myuuta.blog32.fc2.com/blog-entry-841.html

>両国の50歳未満の議員67人(韓国32人、日本35人)を相手にアンケート調査した結果、韓国の議員は「東アジアの安保を脅かす要素」として「日本の軍事力」(21人、65.6%)を「朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)」(9人、28.1%)よりもはるかに多く挙げていることが分かった。半面、日本の議員は圧倒的に「北朝鮮」(80%)を挙げた。 <

半島情勢は特殊だけど
脅威ってのは、目に見えない敵のほうがやっかいだってことに9.11を見れば解りそうなものなんですがね。

頭が悪いというか、想像力が欠如してるというか
都合の良い情報しか信じないというか(ため息w

Posted by: ルイージ | November 14, 2007 at 12:48 PM

ちなみに脅威論の根拠に
>韓国の安全保障政策は明らかに北朝鮮の脅威に照準を合わせています。日本の脅威など、まず想定されていません。<
なんて発言するのは政治的背景を知らないことを
証言しているも同然。

きっと彼は「戦時作戦統制権」なんて言葉も
知らないんだろうなw

Posted by: ルイージ | November 15, 2007 at 11:47 AM

まあまあ、ルイージさん、

あそこのアレですが、まあまあ。ここはひとつ、太っ腹でいきましょう。
ルイージさんのお気持ちは、私はよーくわかります。よーくわかりますので。
ここはひとつ。

Posted by: 真魚 | November 16, 2007 at 12:50 AM

毎度ですw

真魚さんの意見に対する反論の内容が
間違っていた(理解とは言わない)と
自分で認めた癖に、堂々回りってそんなの
あたりまえじゃないですかね、意味不明。

耳当たりの良い意見だけ聞きたいのでしょ。
まあ、お仕舞いですね。

Posted by: ルイージ | November 16, 2007 at 11:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36163/16897507

Listed below are links to weblogs that reference 戦争に先手なし:

» 市場と道場 [幸か不幸か専業主婦]
真魚さんが、私の記事を取り上げてくださったので、お返事を書きます。 真魚さんの仰 [Read More]

Tracked on October 30, 2007 at 01:37 PM

» 鳩山法相はアルカイダと繋がりが有る上に米国防総省(ペンタゴン)のスパイだった [アッテンボローの雑記帳]
 先日友人の友人にアルカイダ関係者が居てバリ島でのゲリラ戦闘に関する情報を事前に [Read More]

Tracked on November 02, 2007 at 01:08 AM

« じきに人々の意識が変わり、新しい時代が開けると | Main | 政宗の謝罪 »