« 再び「「丸山眞男」をひっぱたきたい」を考える | Main | じきに人々の意識が変わり、新しい時代が開けると »

October 08, 2007

確かに、「憲法上難しい」

ISAF参加「憲法上難しいのでは」 外相・防衛相(アサヒコム)

 高村外相と石破防衛相は、民主党の小沢代表が国連決議に基づくアフガニスタンの国際治安支援部隊(ISAF)への自衛隊参加は可能との見解を示していることについて、「憲法上難しいのでは」と述べたという。

 ふーん、イラク派兵は「憲法上難し」くなかったんだねえ。アメリカがイラク戦争を始めたら、「突如として日本の主権が消えて憲法9条に反しないという理論」が生まれたのは、どこの政党だったんだろうねえ。

 少なくとも、アメリカが関わる自衛隊のことについて、「憲法上難しい」ことは存在しない。アメリカが関わると、この国では、憲法上どうであろうと、なぜか超法規的処置として通るのである。小沢一郎のテロ特別措置法の延長への反対は、極めて特筆すべきことなのだ。民主党のウェブサイトにある「小沢一郎代表 テロとの戦い疑問に答える」(「テロとの戦い疑問に答える」っていうタイトルは、なんだかなあ)で小沢一郎が述べていることは、まったくの正論である。

 しかしながら、次に問うべきことは、ISAF派遣が憲法に抵触しない、ということをどのように説明するのかということであろう。これまでの自民党のように「アメリカ様にたてついたら、北朝鮮問題が進展しない」というのは、当然のことながら説明にはならないが、今の日米関係のリアリズムの観点から見れば、これはこれでホンネの「説明」にはなっている。(かなり、歪んだ説明ではあるが)。

 国連の承認があるから、何をやってもいいというわけにはならない。その意味では、高村外相や石破防衛相が言うように、憲法がある。自衛隊のISAF参加は、確かに「憲法上難しい」のである。「憲法上難しい」んだけど、アメリカ様にたてつくことはできないので、憲法を改正するのではなく、その場その場でつくろってきて、それでもそれなりにやってきたのがこれまでの自民党及び外務省であった。そして、自衛隊はいつも、軍事ではなく、政治の道具にされてきた。

 民主党が、これを小沢代表の原則論でどう乗り切るのだろうか。

|

« 再び「「丸山眞男」をひっぱたきたい」を考える | Main | じきに人々の意識が変わり、新しい時代が開けると »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

民主党の小沢代表が、シーファー駐日米大使に「アフガニスタンの戦争はブッシュ米大統領が『米国の戦争だ』と言って、国際社会の合意なしに米国独自で始めた。日本の直接の平和、安全と関係ない区域に米国や他の国と部隊を派遣して、共同の作戦をすることはできない」と述べ

↑すいません、2つ前のエントリーのこの話はどこいったんでしょうか。

Posted by: 猿小玉 | October 08, 2007 05:10 PM

猿小王さん、

言われていることの意味がよくわからないのですが。
(アメリカの都合でやっている戦争への支援のための)インド洋での給油作業はイカンというのは、どこにも行っていませんが。

Posted by: 真魚 | October 09, 2007 01:09 AM

ええと、では給油活動がいかんというのは
アメリカがアフガニスタンでISAFとは独立した指揮権の下で軍事活動を展開していおり、その支援をすることがいけない、ということを先の分から読み取れということだったのですね。

Posted by: 猿小玉 | October 09, 2007 09:50 AM

給油は軍事活動、というのは常識なわけですよ。
アメリカ主体の作戦に給油はダメで、
ISAFでの武力行使はOK、
というのならやはり無理があるでしょうね。

アメリカ属国状態から通常の関係にしたい。
国連重視にしたいという理想はともかく。

石破氏の
「自衛官の命を軽んずるな」
は至言だと思う

Posted by: ルイージ | October 09, 2007 05:49 PM

ちなみに真魚さんはともかく、
小沢は
>アメリカの都合でやっている戦争への支援のための)インド洋での給油作業はイカン<
的な発言は何度かしてるね。
全体的に論理破綻だと思う。
民主党がもたないんじゃないかなw

Posted by: ルイージ | October 09, 2007 05:53 PM

猿小玉さん、

「先の分から読み取れ」ということがわからないのですが。

本ブログの時事ニュースを扱うエントリー文書は、その文章のみで理解するものではありません。世間一般のマスコミ情報がまずあって、その情報に対して私がコメントするものであると扱ってよいです。従って、読む側は、世間一般のマスコミ情報をすでに知っていることが前提になります。

つまり、小沢代表がアフガニスタンでの給油活動には反対するが、国連承認のあるISAFの活動は認めるというのは、世間一般のマスコミ情報でみなさんご存知のことである、ということが前提になっています。その上で、ではISAFの活動に自衛隊を参加させることが憲法上可能であることを民主党は自民党にどう説明するのだろうか(小沢さんは可能であると考えているようですが)注目したい、と私は述べているわけです。

Posted by: 真魚 | October 10, 2007 01:37 AM

ルイージさん、

小沢さんという人は原理原則論でモノゴトを考える人です。ちなみに,欧米ではこれが常識です。日本の政治はその場、その場で対処することばかりで、原理原則論でやるというのがありません。まあ、それで良い場合もあるんですけど。

今回のISAFの活動に自衛隊を参加させるというのは、民主党だって自衛隊による国際貢献をちゃーんと考えていますということを示したいのだと思います。しかし、憲法がありますからねえ。憲法上どう説明をつけるのか。

さらに言えば、インド洋での給油活動をやるとなった時もそうでしたけど、今の自衛隊はISAFの活動ができる装備、訓練、組織になっていません。本当にやるとなったら、これまでの、陸自のサマワでの復興支援活動、海自のインド洋での給油活動、空自のイラクでの輸送支援活動などといったこと以上の大規模な改革が必要になります。それにかかる防衛省の予算も踏まえた上で、ISAFに自衛隊を参加させると民主党は言っているのかというと、私は疑問です。ぶっちゃげた話し、小沢民主党と言えども、こうした実務的な政策立案能力となるとまだまだ弱いです。

小沢さんの国連承認があるのか、ないのか、という原理原則論で、インド洋での給油はダメ、ISAFはOKというのは、それなりにスジは通っています。通っているんですが、具体論になると、考えるべきことはそれだけじゃあないでしょうということで、小沢さんの言っていることは、現状では実現性が低くいですねということになるんです。なにも今、ISAFに自衛隊を参加させるって言わなきゃいいのにと思いますが。なんで言うのかねえ。民主党がこれを乗り切れるかどうか、難しいような気がします。

自衛隊のISAF参加については、自民党が前からすでに検討をしていたようです。今回の選挙で自民党が勝っていれば、むしろ自民党の方からISAF参加について話が出ていたと思います。で、そうなったら、なったで、民主党は「憲法違反である」と自民党を批判する、と。

で、じゃあ、自衛隊による国際貢献は一体どうするのかつーと、何をやればいいのか。そもそも、今の憲法下で何ができるのかとなると自民党も民主党もよくわからなくて。

それなら、アメリカ様の言うこと聞いて、インド洋で給油やるのが一番ラクで安全確実、ということになるんじゃあないか、と。

なんだかなあ。

Posted by: 真魚 | October 10, 2007 01:41 AM

>今の憲法下で<
は厳しいでしょうね。

憲法の定めに従って、違憲状態の自衛隊・海保を
解体して、自衛権を放棄する変わった国家となるか、

憲法9条改正を含めて自衛隊を違憲と言われない
国軍としての地位を確保するか。

どちらかにしないと原理原則からはほど遠いですね。

Posted by: ルイージ | October 10, 2007 11:35 AM

失礼しました。先の文から読み取れ云々は小沢さんに向けた言葉でした。
なんとか理解しつつあるのですが、真魚さん自身は憲法解釈についてどうおもっているのでしょうか。
小沢代表のシーファー大使への返答が正論である、ということは国連軍への参加は憲法違反でない、という立場でしょうか?

それと末尾の
>そして、自衛隊はいつも、軍事ではなく、政治の道具にされてきた。
の意味がよくわからないのですが・・・
まさに真魚さんのおっしゃるとおり、小沢代表が今ISAF参加させるなんて言うことは、実際にはほとんど無理な話だし、これもまた政治的なパフォーマンスではないの、という風に思いますが。

Posted by: 猿小玉 | October 12, 2007 04:33 AM

猿小玉さん、

小沢さんが、インド洋での給油活動に反対したのは「米国は国際社会の合意を待たずにアフガン戦争を始めた。我々の憲法解釈では、日本に直接的に関係のない地域で、米国あるいは他の国々と作戦をすることはできない」ということです。これには、インド洋での給油は、アフガニスタン戦争だけではなくイラク戦争の支援活動になっているという背景があります。小沢さんのこの考えは正しいです。アフガニスタン戦争への支援は憲法違反です。

では、自衛隊のISAF参加はどうなのか。小沢さんは「国連決議があれば自衛隊の武力行使も憲法違反にならない」と言っているわけですが、これは憲法違反になります。

それではなぜ、小沢さんは、自衛隊のISAF参加という憲法違反のことを言うのか。これは私はわからなかったのですが、このところどうも、小沢さんは、戦闘地域に自衛隊を送ることは憲法違反であることをよくわかっていて、こうしたオオウソを言っているのではないかと思うようになってきました。小沢一郎という人は言論人ではなく、政治家です。つまり、政治的意図があって、こうした言ったのではないか。小沢さんがこうしたことを言うことで、自民党から憲法違反だと言われることによって、自民党も「憲法違反」というものを初めて本気で言うようになったのです。

ここ、ちょっとわかりにくいかもしれません。戦後の政治史を理解していないとわかりにくいかもしれません。これはつまり、自民党は自衛隊について、これまでつねに憲法違反になることを憲法違反にせず、その場、その場でつくろい、ごまかして、通してきたのです。自民党としては、アメリカの言うことに従わなくてはなりません、しかし、憲法を変えるとなると話が大事になる。だからこれまで、その場、その場でごまかしてきたというわけです。ところが今回、民主党は自衛隊をISAF参加させると言ってきました。こうなると自民党は憲法の原理原則を主張する以外に対抗する方法はありません。これまで自分たちがやってきたごまかしの憲法解釈はできません。与党の自民党が憲法の原理原則を主張して、野党の民主党に反対するという、これまでの与野党とは逆転した構図がここにできました。この状況を作った小沢さんという人は、やはりたいした政治家です。

自衛隊はいつも軍事ではなく、政治の道具にされてきた。というのは、今回の一連の出来事を見てもわかると思います。ようするに、軍事であるのならば、まず日本国の防衛とはどのようなものであり、その「どのようなものであるのか」に基づいて、例えばオイルレーンの確保と警備が必要であるとするのならば、そのためにはどうあるべきかという流れになるのです。アメリカがどうこうとか、国連がどうこうとかいう話ではありません。それらは二の次の話です。

自衛隊というのは、その発足が日本国の防衛目的のためにできたものではなく、アメリカからの要請によって作られたものです。戦後、自衛隊は純軍事的な観点からではなく、政治の道具にされてきました。実質的な日本国の防衛は日米安保によってアメリカ軍がやるので、日本は純軍事的な軍隊を持つ莫大なコストを払うことなく経済成長に専念することができました。こうした仕組みを作ったのが戦後直後の総理大臣の吉田茂であり、この仕組みを吉田ドクトリンと呼びます。

Posted by: 真魚 | October 13, 2007 12:29 PM

>では、自衛隊のISAF参加はどうなのか。小沢さんは「国連決議があれば自衛隊の武力行使も憲法違反にならない」と言っているわけですが、これは憲法違反になります。

本当に憲法違反になるのでしょうか?

Posted by: 通りすがり | October 19, 2007 07:04 PM

憲法違反です。

Posted by: 真魚 | October 20, 2007 11:34 PM

何条に違反するのでしょうか?

Posted by: 通りすがり | October 22, 2007 12:03 AM

buy drugs at online cialis pharmacy
cialis
http://linkpot.net/residing/
[url=http://linkpot.net/residing/]cialis[/url]
viagra sale
http://linkpot.net/organdie/
[url=http://linkpot.net/organdie/]viagra sale[/url]
discount viagra
http://linkpot.net/organdie/
[url=http://linkpot.net/organdie/]discount viagra[/url]

Posted by: cialis | October 22, 2007 05:10 AM

>通りすがり
日本人は小学校高学年で憲法について習います。

http://www.nhk.or.jp/kdns/hatena/07/0915.html

小泉さんもテロ特措法で
海外での武力行使ではないので
憲法に違反しないと主張しましたから、
逆に考えれば解るよね。

石破防衛相曰く
「武力行使を伴うISAFに参加をすることは、憲法上、認められないという立場だ」

詳しくは自民党か防衛大臣に聞いてみたら?

Posted by: ルイージ | October 22, 2007 10:13 AM

>舎
日本がイラク戦争を支持したことも知らず、
他人を二中病呼ばわりする君が、いったい
どのくらいのレベルにいるのか知らないが。

日本においては様々なレベルの議論があるが

>アメリカだけでなく、ヨーロッパ同盟国、オーストラリア、インドまで視野に入れると日本で行なわれている議論は実に下らないです。<

このブログやコメント欄のレベルならともかく
日本というくくりをするのって頭おかしくね?

Posted by: ルイージ | October 26, 2007 12:32 PM

>いつまでも日本だけがこんなレベルの議論をしていて良いのでしょうか?<

良いも悪いも、国防や国際貢献を語る上で
日本国憲法がボトルネックになっている以上、
次のレベルの議論をしたければどうしても
憲法改正是非の議論になる、というだけの話。

だから現状では難しいという議論になる。
将来的には憲法改正>集団安全保障という
選択肢もあるが、決めるのは日本国民。

いくら、国際貢献や集団安全保障の
重要性「だけ」を議論したところで
現憲法下では画餅で終わるか、
超法規的措置でしかない。

Posted by: ルイージ | October 26, 2007 12:48 PM

ルイージさん

憲法は9条だけとはかぎりませんよ。

Posted by: 通りすがり | October 27, 2007 10:53 AM

>通りすがりさん
>憲法は9条だけとはかぎりませんよ。
で?
私がいつ
”憲法は9条だけ”
なんて珍説唱えました?

>中二病
>>>現憲法下では・・・・超法規的措置でしかない。
>だからそうしろと言っているのです。
>有名なホッブス対カントの論理を適用すれば、簡単明瞭に解決できるわけです。
無法者発見。というかジャイアンかw

力=正義でも憲法違反にはならないアメリカと
日本は置かれている立場が違うことも理解できないと。

憲法無視で武力行使ってそれなんてテロール?

頭のまともな人ならまず憲法を改正するべき、
と論陣を張るが気違いは日本国憲法を無視しろとw
できれば、同じ日本人でないことを祈ります。

Posted by: ルイージ | October 27, 2007 01:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 確かに、「憲法上難しい」:

» 米印核協定と核不拡散体制の狭間で悩む日本というハムレット [グローバル・アメリカン政論]
グローバル・アメリカン政論では今年に入って初めてインドに関する記事を投稿する。中 [Read More]

Tracked on October 25, 2007 09:08 PM

» イラクとその後をめぐるアメリカの中東政策 [グローバル・アメリカン政論]
アメリカのイラク介入は中東の新秩序に向けた第一歩に過ぎず、これが最終目的ではない [Read More]

Tracked on October 25, 2007 09:10 PM

« 再び「「丸山眞男」をひっぱたきたい」を考える | Main | じきに人々の意識が変わり、新しい時代が開けると »