« kakuさんのTBへのコメントです | Main | 小田実が亡くなったという »

July 21, 2007

ひとつの時代が過ぎていった

 18日に、日本共産党の元中央委員会議長であった宮本顕治氏が老衰で亡くなられたことについて、一文を書こうかと思っているのであるが、時間と余力がないのであった。日本の近現代史の中で、日本共産党とは何であり、今後、何でありうるのか、このことについて考えるだけで厖大なものになってしまうのである。それだけ、このテーマは大きくて重い。

 ひとつの時代が過ぎていったように思う。

|

« kakuさんのTBへのコメントです | Main | 小田実が亡くなったという »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ひとつの時代が過ぎていった:

» このままでええの!?日本と世界 10・21反戦共同行動 in京都 [アッテンボローの雑記帳]
 7・1反弾圧集会の会場で声をかけていただいた団塊の世代の方から、10・21国際 [Read More]

Tracked on August 03, 2007 01:08 AM

« kakuさんのTBへのコメントです | Main | 小田実が亡くなったという »