« その手には乗らない中国 | Main | 島田裕巳『中沢新一批判』を読む »

April 29, 2007

続シンゾー・アベのダブルトーク

 いわゆる「従軍慰安婦問題」について、アメリカでひたすら謝りまくる安倍総理であったが、国内では、日本軍は狭義での強制性はない、証拠となる文書はない、と言っていたが、アメリカに行くとひたすら謝りまくり。それもアジア諸国に対してというよりも、どう見てもアメリカ政府および国際世論に向かって、日本はあのことを反省しています、謝罪していますの一点張りである。

 このへん、あまり強気の態度だと、日米関係に支障が出ると対米従属至上主義の外務省あたりから要望があったのかどうかはわからないが。いずれにせよ、例によって例の如くと言うか、毎度お決まりのパターンというか、なにゆえ毎回毎回こうなるのかというか。日本のこうしたパターンそのものが、国際社会の中で、日本を信用することができない最大の理由なのだ。

 よくわからんのであるが、この人はこうやって謝りまくるのならば、なぜ、強制性を裏付ける証拠がなかったのは事実であると言っていたのであろうか。つまり、この問題の本質は、強制性を裏付ける証拠があるか、ないかではないのであるが、それはそれとして、強制性を裏付ける証拠があった事実はないと考えているのならば、それはそれで事実なのであろうから、その意見を世界に向かって述べればいいでではないかと思う。そうすれば、それが問題の本質ではないという反応が返ってくるであろうし、では、一体何がこの問題の本質なのか。アジア諸国や国際社会が、この問題について求めているものはなんであるのかが明確になっていく。議論というのは、そこから始まっていくものなのだ。

 ところが、それは一向になされない。なされないまま、日本国内では「中国・韓国にもう謝罪の必要はない」という言論が大手を振り、それでいて日本の総理大臣はアメリカに来るとひたすら謝りまくる。それを中国・韓国はどのような目で見るか明らかであろう。

 ようするに、日本国の内閣総理大臣たる安倍晋三は、この問題についてどう考えているのか、それがさっぱりわからないのである。きっと、そうしたものはないんだろうなと思う。

 そして、そうしたものがなくったって、国際的にそれなりの高い位置にいる日本国の指導者ができるということが、国内的にも国外的にも(特にアメリカが)鬱憤がたまってきたというのが、今の状況なのであろう。

|

« その手には乗らない中国 | Main | 島田裕巳『中沢新一批判』を読む »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

真魚さん、慰安婦問題にこだわり過ぎていませんか?もちろん、旧日本軍を弁護するかのような安倍首相の言動は良ろしくなかったかも知れません。ただ、日米両国にとって死活的な国益となる問題ではありません。大きくしたのは、安倍首相がわざわざ本気になって反論などしたからです。

合衆国の大統領ならばブッシュであれゴアであれ、ケリーでもジュリアーニでもヒラリーでもマケインでも、あるいは他の誰でも、もっと優先順位の高い問題を日本の首相と話し合いたいはずです。

どうして日本人は政治家からグラスルーツのブロガーまで、こうした大極的視点に立てないのかと、私は苛立っています。こうしたことが言えるのは、右翼からも左翼からも反感を抱かれる私ならではです。

Posted by: 舎 亜歴 | April 29, 2007 05:47 PM

つまらない指摘ですが最後から二つ目の段落「安倍晋太郎」になってます。
このコメントは消してくださってけっこうです。

Posted by: 匿名の読者 | April 29, 2007 06:41 PM

匿名の読者さん、

ご指摘ありがとうございました。
修正致しました。

Posted by: 真魚 | April 29, 2007 11:52 PM

舎さん、

私は慰安婦問題にこだわっているのではなく、日米関係の変化にこだわっているのです。

いわゆる「従軍慰安婦問題」は、日米関係においてはどうでもいいことなのです。着目すべき点は、この(どうでもいい問題であるところの)いわゆる「従軍慰安婦問題」をアメリカ政府及び世論が問題視しているということであり、これに対して、日本の指導者は、ひたすら(アメリカに向かって)謝罪の言葉を述べまくるだけしかしない、できないというのが問題なのです。

何度も申しますが、日米関係の本質的な変化が起きていることが見えませんか?国際社会は変化しています。その変化の中で日米関係を観なくてはなりません。日米関係もまた変化していきます。

優先順位の高い問題?ホワイトハウスでもなく、テキサス州ヒューストンのブッシュ家の私邸でもなく、ワシントンDCのはずれにあるキャンプ・デイヴィットの山荘で、米国産牛肉の輸出の解禁を話し合うことが、日米両国にとって死活的な国益となる問題ですか?日本に対して、この程度どの扱いしかしないが今の末期状態になったブッシュ政権なのです。ケリーでもジュリアーニでもヒラリーでもマケインでもオバマでも、こんなことはしないのではないでしょうか。


Posted by: 真魚 | April 30, 2007 12:16 AM

日米同盟の変化については、アメリカのメディアもシンクタンクもむしろ日本の役割の拡大や北朝鮮の核問題を圧倒的に多く議論しています。もちろん、慰安婦問題がある程度の悪影響を及ぼしたことは否定しません。それでもアメリカ側では日本側ほどこれを大きく取り上げてもいません。

より詳しくは自分のブログで述べます。

ところで牛肉が死活的問題か?真魚さん、これはyesですよ。吉野家の牛丼を食べたがっている日本人がどれほどいると思っているんですか!!!

ガハハ。

ひたすら謝りまくった安倍首相の情けなさはともかく、それにしてもなぜ、今になって日本の政治家達は第二次大戦の日本を弁護しようとしているのでしょうか?それこそ、時代は動いています。旧日帝を弁護することは日本の死活的国益にかなうわけでもなく、また現在の日本の尊厳を高めるわけでもありません。

冷戦も終わり、対テロ戦争や核不拡散が重大な時代にきわめて奇妙な現象です。

Posted by: 舎 亜歴 | April 30, 2007 05:52 AM

舎さん

いえいえ、奇妙な現象ではなく、至極当然のことです。

なぜ、今になって日本の政治家達は第二次大戦の日本を弁護しようとしているのか。これは日本国民の社会心理自身に、潜在的にそうした要求が出てきたからです。では、なぜ、出てきたのか。米ソ冷戦が終わり、イスラム・テロの時代になり、従来の軍事力で国土を守ることができなくなった。また、BRICsの台頭により、相対的にアメリカの世界覇権パワーが変化しているということ。そして、さらに、北朝鮮の存在や韓国のナショナリズムの過激化などの理由により、日本人は戦後半世紀の平和と繁栄の中でそれなりに安定していたナショナル・アイデンティティが崩壊し始めたのです。

しかしながら、そこで新しいナショナル・アイデンティティを何に求めようとしているのかというと、新英米の人々が、こうした不安定な時代だからこそ英米、とにかく英米、なにがなんでも英米、英米に従っていて間違いなし、ひたすら英米に追従せよと言います。こうした発言をしている人々は親米保守と呼ばれ、小林よしのりからは親米ポチと呼ばれています。

でまあ、ワシントンポストのGeorge F. Willが靖国神社の遊就館の展示内容を批判したコラムを書くと、これはマズイと思ったのか親米保守筆頭の言論人である岡崎久彦が遊就館の展示内容を変えるべきだと書くと、なぜか靖国神社はそれに従って展示内容を若干修正するという、靖国神社もそういう圧力には従うんだなあという気がしないでもないですが。

もう一方は、いわゆる自由主義史観のみなさんというか、嫌韓流のみなさんというか。戦前の日本は正しかったと述べる人々であり、日本のナショナル・アイデンティティを戦前の日本に求めるということです。

数から言えば、親米保守より反米保守の人々の方が圧倒的多数です。政治家は圧倒的多数の支持を得ようとしますから、圧倒的多数すなわち反米保守が喜ぶ言動をするわけです。反英米であり、嫌韓国、嫌中国であるということは、世界に誰も友人を持たないということになりますから、日本はつまり孤立するということです。孤立したっていいや、できるのならばもう一度鎖国したいと思っているのが反米保守ですから、それはそれで構わないのでしょう。

これは、異常なまでに西欧化を推し進めた明治日本が日清・日露戦争の後で、それなりに成功を収めると、大正デモクラシーを経て、やがて昭和になって軍部の台頭による閉鎖的なナショナリズムになっていたことと良く似ています。

Posted by: 真魚 | April 30, 2007 11:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 続シンゾー・アベのダブルトーク:

» 日米同盟の新たな一歩と小さな嵐 [グローバル・アメリカン政論]
日本の安倍晋三首相は両国関係の強化のために4月26日から28日にかけてジョージ・ [Read More]

Tracked on May 01, 2007 09:29 PM

« その手には乗らない中国 | Main | 島田裕巳『中沢新一批判』を読む »