« 5年目の9.11 | Main | アメリカは「普通の国」日本を歓迎する »

September 16, 2006

『ユナイテッド93』

 映画『ユナイテッド93』を見てきた。この映画は、共和党のプロパガンダ映画であるという。国民がテロ事件への恐怖を感じ続けていれば、軟弱な民主党には期待できないということで共和党に票が集まるからである。よって、9.11の記憶が風化しないように、こうして映画を作って人々に見せているのだという。映画は、政府の嘘を糾弾することもあれば、時の政府の有利になるように世論を誘導することもある。テロへの恐怖心がなければ有権者の支持を得られないというのも、なんだかなと思うが、あらゆることを利用して選挙を勝ち抜こうというのはわからないでもない。

 そうか、プロパガンダ映画なのか。よーし、見たろうじゃないかと思い、見に行ったわけである。場所は、日比谷の帝国ホテルの道向こうのみゆき座である。

 で、見てみると、これはなかなかドキュメンタリードラマ映画として良い映画なのではないかと思う。大体、アメリカへ行く時はユナイテッド航空をよく使っているので、なんか他人事にように思えないのである。

 この映画は、9月11の朝、テロリストたちにハイジャックされた4機の旅客機の中の1機、ユナイテッド航空93便の機内で起きた出来事を緊張感のあるリアルなタッチで再現した映画である。とにかく、緊張感が最初から最後まで続く映画である。それでいて、上映時間は約2時間なのだが、見ていて疲れないのだ。つまり、2時間ずーと、緊張感を持って見続けられる作品なのである。このへん、作り方がうまいと思った。話は、連邦航空局とボストンやNYの空港の管制ルームと空軍のNORADのコントロールルーム、そして93便の機内など複数の場所で起きた内容が同時進行していく。

 次々と起こる出来事に連邦航空局は混乱し、軍に連絡するために「連絡将校はどこだ」と何度もどなる。NORADは、NORADで、連邦航空局から誤情報が流れてきたり、戦闘機を飛ばそうとすると許可しないので、「FAA(連邦航空局)なんかくそくらえだ、従う必要はない」と言う。前方の巨大モニターにペンタゴンに旅客機が突っ込んで炎上していく映像が映し出されると、NORADのコントロールルームはその瞬間、人々は凍り付いたかのように動きが止まる。そして、しばらくの無音の後、コントロールルームは再びより一層の混乱状態になる。

 これらのシーンのリアルさは迫真であった。NORADの軍人たちのペンタゴンがやられたという思いが、見ていて伝わってくる。この時、軍はWTCへ旅客機が突っ込んできた時点では、まさかワシントンDCにも同じことが起こるとは思ってもいかなかったということが見ていてよくわかるのである。連邦航空局や空港の管制ルームの人々の、ハイジャックされた旅客機に自分たちはなにもできない無念さの姿と、それとは対象的に、冷静さを失い、とにかく旅客機の撃墜許可をとろうと「大統領には連絡がつかないのか」「副大統領はどこだ」と電話をかけまくるNORADの大佐の姿。

 そして、93便の乗客とテロリスト。

 この映画を見ると、9.11はとかくWTCの方に注目が集まっているが、改めて考えてみると、あれは航空テロだったのだ。着目すべき所は空、すなわちハイジャックされた4機の民間旅客機と航空管制と空軍の3つであった。WTCでの出来事は、その目的の一つにすぎなかった。

 この映画は、いわゆるサスペンス映画やスペクタクル映画などではない。この日なにが起こったのかのということを、ひたすらリアルに描写している。観客を泣かせるような煽情的な演出や、イスラムへの怒りを煽るようなシーンも一切ない。どちらかと言うと、人間としてのテロリストを描いている。 事件の前日、明日決行ということで不安と緊張感の中で神に祈り、みそぎ(?)をする。当日、空港の待合い場では家族か恋人(?)に最後の別れの電話をし、93便が離陸した後も恐怖心からかリーダー格の若者はなかなか決行しようとしない。しびれを切らした仲間が堪えきれずに行動を開始する。そして、リーダー格の若者もまた後戻りのできない悲劇に踏み出すのである。

 テロリストたちは、みな震えながらコクピットを占拠し、パイロットやスチュワーデスを殺害し、乗客を脅し押さえつける。彼らもまた怖いのだ。そうした恐怖に打ち勝つように、彼らは祈りの言葉を絶えず口にしている。「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と。「アラー・アクバル」と言いながら、乗客の首をかき切るのである。神に祈りを捧げれば、自己の行為は正当化されるとでも言うのであろうか。それほど怖いのならば、なぜこうしたことをするのかと思う。数多くの人々を道連れにすることの罪悪感を感じながら、それでもなおかつ、やらなくてはならないこととは一体何であるのだろうか。

 乗客は機内電話や携帯電話で、旅客機はWTCやペンタゴンに墜落したことを知り、これもただのハイジャックではないことを知る。そうであるのならば、なんとか阻止したいと考える。この時、乗客の中に操縦できる者がいないか探したことを見ると、できることならテロリストから操縦桿を奪い、地上に着陸したい、生きて帰りたいと思ったのであろう。しかし、その一方で、自分たちはもう助からないという覚悟もあったのだろう。この映画は見ていて、「こうなった時、自分はどうするのか」ということを生々しく考えさせるのである。乗客がテロリストと戦うシーンで、テロリストたちは神への祈りの言葉を繰り返しつぶやき、乗客の側もまた神への祈りの言葉を唱える。このシーンは印象深い。このふたつの神は、こうした形でしか接し遇うことができないのであろうか。であるのならば、人にとって神とはなんだろう。

 この映画は、すべてが事実の話ではない。遺族や関係者の証言に基づく推測のドラマである。映画を見た後、ネットで調べてみるとユナイテッド航空93便についてさまざまな謎があることを知った。例えば、この旅客機はペンシルバニア州シャンクスヴィルの地表に墜落したわけであるが、その墜落現場の写真を見る限りでは、ボーイングが墜落したように見えないのは確かである。いずれせよ、前回のエントリーでも書いたが9.11には謎が多い。

06/12/29追記
補足エントリー「「9.11」をどう考えるか」

|

« 5年目の9.11 | Main | アメリカは「普通の国」日本を歓迎する »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

>この映画は、共和党のプロパガンダ映画であるという。国民がテロ事件への恐怖を感じ続けていれば、軟弱な民主党には期待できないということで共和党に票が集まるからである。

今こそ、ロバート・ケーガンの"Of Paradise and Power"を読み返してみましょう。9・11以降の政策は、それ以前から行なわれてきたことであることがわかります。p.91からp.93にかけて。この著と他の興味深い論文をいくつかブログ記事でとりあげます。

Posted by: 舎 亜歴 | September 16, 2006 at 08:43 PM

真魚さん、

<<例えば、この旅客機はペンシルバニア州シャンクスヴィルの地表に墜落したわけであるが、その墜落現場の写真を見る限りでは、ボーイングが墜落したように見えないのは確かである。

なにを根拠に??

この風刺漫画のキャラクターの一人がもしかして、真魚さんですか?

http://media.salemwebnetwork.com/TownHall/Car/b/06.09.14.NewDesecrater.jpg

MikeRossTky

Posted by: マイク | September 17, 2006 at 09:30 AM

Mike,

墜落場所のまとまった写真のスライドショーがYouTubeで見れます。
http://www.youtube.com/watch?v=Yr-BRjSWxLg

ここもまとまっています
http://www.newsday.com/news/nationworld/nation/ny-flight93-pg,0,2993172.photogallery?coll=ny-top-headlines&index=8

Posted by: 真魚 | September 18, 2006 at 12:35 AM

真魚さん、

Newsdayの1-7までの写真を見ましたか?

この機体は:

1.ほとんど直角にやわらかい畑の土地に突っ込んだ。シャベルカーを使って機体を地面の中から取り出していますよね。
2.突っ込んだ方向の先にある林が結構燃えています。中に沢山の遺留品があります。

どこがおかしいのですか?飛行場で見るクラッシュは硬いアスファルトに平行に近い形で落ちるわけですから、周りに飛び散ります。誰も運転していない飛行機が落ちるときは垂直落ちてきます。また、この機体がペンシルバニア南部に落ちていれば、上部の地層は薄いので結構機体が散らばったかも知れませんが、中部から北部は上部の地層が厚いですから、写真で見たようなクレーターができてもおかしくありません。

真魚さんが考えている、”陰謀説”は遺族の方々にほんとに失礼です。この機体には日本人の方も乗っておられたわけですから。変に、陰謀説などを広めたりするのはおやめになってはいかがでしょうか?

真魚さんはなにひとつ証拠となる情報を持たずに陰謀説を推奨していることははっきりしました。

MikeRossTky

Posted by: マイク | September 18, 2006 at 06:21 AM

Mike,

http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/news/news.html?in_article_id=401315&in_page_id=1770

によると、

"However, the absence of any significant debris — including tailplane and wings — bewildered witnesses, relatives and, more importantly, some crash experts.

They found it hard to believe that an airliner up to 155ft long, with two engines each weighing more than six tons, could have penetrated the ground so completely as to utterly disappear. Had it, in reality, been blown to pieces in mid-air?

Certainly it is unclear how a single piece of fuselage the size of a dining room table could have been recovered from a marina in Indian Lake, a couple of miles away from the crash site — unless it fell from the sky during an aerial break-up.

But a bigger mystery is why the engines went missing.

Considering their weight, they should have plunged deep into the earth along with the rest of the airliner.

Yet they weren’t in the crater and only a one-ton segment of an engine was ever recovered, again more than a mile from the crash site. The FBI said, unconvincingly, that it had ‘bounced’ there.

The FBI also claimed metal fragments found up to eight miles away could have been carried there by the wind, even though the breeze was very light."

>>誰も運転していない飛行機が落ちるときは垂直落ちてきます

"EYEWITNESS reports differed from the official story. Along the plane’s route, people confirmed that the Boeing came in from the north-west, but they said it was not nose-diving. Instead it was flying low."
(同上の記事より)

遺族の方々が政府に真実を発表して欲しいと求めています。Google Videoでドキュメンタリ映画『9/11 Press for Truth』や『Loose Change』を見ることができます。
政府のinside jobであろうとなかろうと、謎があることは確かです。それらの謎に対して政府は情報を公開しません。なぜでしょうか。真実を語らない政府や、陰謀説などないと否定する人々こそ遺族に失礼なのではないでしょうか。

Posted by: 真魚 | September 18, 2006 at 11:23 AM

真魚さん、

陰謀説になぜそんなにこだわりを見せるのですか?

アメリカのPopular Mechanicsと言う有名な雑誌が陰謀説を一つずつ科学的に反論しているサイトをつくり、また本も出版しています。

United93便については:

http://www.popularmechanics.com/science/defense/1227842.html?page=7&c=y
http://www.popularmechanics.com/science/defense/1227842.html?page=8&c=y

陰謀説の反論のメインのページは:

http://www.popularmechanics.com/science/defense/1227842.html

また、本のメインページは:

http://www.popularmechanics.com/science/defense/3491861.html

この本のイントロから真魚さんの基本的態度を良く描写したといえる文面を:

A few skeptics make a responsible effort to sift through the mountain of available information, but a vast majority ignore all but a few stray details they think support their theories. In fact, many conspiracy advocates demonstrate a double standard. They distrust the mainstream media coverage and government sponsored investigations of 9/11, yet they cherry-pick from those same sources to promote their extreme notions

リベラルの方々は都合の良い情報のみを鵜呑みにしている。そして都合の悪い情報を無視する。

真魚さん、なぜ、探索すれば簡単に出てくる情報を無視する事ができるのですか?この様な態度、姿勢こそUnited93便遺族の方に対して失礼だとしか言えないのです。弁明の余地はないと思いますが?

MikeRossTky

Posted by: マイク | September 18, 2006 at 04:36 PM

Mike,

私はすべての陰謀説に同意してません。記事の中でも9.11はブッシュ政権の陰謀だったとは考え難いと書いています。しかし、部分部分で謎があるのは確かです。それらの謎があることを否定しません。これには同意しています。

そして、政府が情報を公開していないことは事実です。政府がすべての情報を公開していない上で、あるサイトは陰謀説を主張し、あるサイトはそれに反論しています。どちらも仮説にすぎません。I say again,どちらも仮説にすぎません。

しかしながら、遺族の方々および陰謀論者が求めているものは政府の情報公開です。事実を明確にして欲しい、ただそれだけです。政府の公式発表に矛盾があり、それを糾すのは民主主義社会の市民の当然の権利だと思いますが。そうではないというのでしょうか。個人の自由と権利を認めないと?

陰謀説の反論のサイトがネットに100あろうと、1000あろうと同じです。「こう考えることもできる」というものです。陰謀説反対論者が自分の考えをネットで述べるのは自由です。どんどんやっていいんです。しかし、陰謀論者がそれを見ようが見まいが関係ありません。陰謀論者は政府の情報公開を求めているのです。

なにも問題がないのならば、なぜ政府は情報を隠すのでしょうか?ようするに、共和党支持者は陰謀論への仮説の反論を、あたかも事実であるかのように主張し、政府の情報隠蔽から国民の目をそらせようとしているのです。この姿勢こそ遺族の方々へのdishonestyであり、市民の権利へのviolateであるとしか思えません。

弁解があればどうぞ。anytime.

Posted by: 真魚 | September 18, 2006 at 07:22 PM

真魚さん、

<<共和党支持者は陰謀論への仮説の反論を、あたかも事実であるかのように主張し、政府の情報隠蔽から国民の目をそらせようとしているのです。

Popular Mechanicsがまるで共和党支持者の集まりのように読み取れるのですが?

このページhttp://www.popularmechanics.com/science/defense/1227842.html?page=9&c=y に仮説の反論に参加された方々の名前が記されています。どの方が共和党支持者なのですか?どのように情報を操っているのでしょうか?明記していただけますか?

I want specific answer on this. I bet you can't list any. Because you are blinded by bias.

<<なにも問題がないのならば、なぜ政府は情報を隠すのでしょうか?

どうかくしているのでしょうか?Popular Mechanicsのサイトで書かれているように:

But there is a world of difference between believing that our government should have known what was coming and claiming that someone did know and deliberately did nothing--or, even worse, actively perpetrated attacks on its own citizens. By deliberately blurring that line, conspiracy theorists exploit and misdirect the public’s legitimate anger over the events of that day.

真魚さんは自分に納得がいかない、もしくは、どこかのサイトで見た情報に基づいて納得がいかない、だから政府がなにか隠している。そして、その政府が真魚さんが嫌いな共和党が率いているからどんな説明があっても信じられない… すなわち、真実に対しては盲目だんですね。

Popular Mechanicsから文言を借ります:

And the search for truth is not aided by the dissemination of falsehoods.

嘘を広める。これは遺族に対して酷いとしか言いようがありません。

真魚さんが提示している情報が嘘ではない、ほんとに政府が隠蔽してる情報を提示してください。

MikeRossTky

Posted by: マイク | September 18, 2006 at 08:59 PM

Mike、

9/11 Commission内部で情報の歪曲があったことは以下の本が告発していますが・・・

Without Precedent: The Inside Story of the 9/11 Commission
by Thomas H. Kean、Lee H. Hamilton、Benjamin D. Rhodes
http://www.amazon.co.jp/gp/product/0307263770?tag2=gloomynews-22

ですから、政府よる隠蔽がないのというのならば、Google Videoでドキュメンタリ映画『9/11 Press for Truth』や『Loose Change』を見てくださいと・・・・。
ALEX JONES のサイトもお勧めです。
http://infowars.com/alexjones.html

陰謀論者は真実を追究しています。
And the search for truth is not aided by the dissemination of falsehoods.
はまさに陰謀論者のための言葉ですね。

I say again, 真実を追求しない、これこそ遺族の方々へのdishonestyです。
どうか、遺族の方々に対してhonestyであってください。

Posted by: 真魚 | September 18, 2006 at 11:52 PM

真魚さん、

実際にAlex Jonesのサイトに行かれて上記の発言を行っているのですか?

また、9/11 Press for TruthやLoose ChangeはPM以前の発表ですよね。

隠蔽に関わる情報を真魚さんから提示していただけませんか?元々真魚さんが提示した”墜落場所のまとまった写真”などははっきりと説明が出来ている情報ですよね。私は現地の地理は知っています。飛行機が垂直に突っ込めばまとまった形になる可能性がある地層であることは理解しています。

9/11 Press for Truth や Loose Changeでは確かに政府の不本意な体制などの指摘で9/11は防げたなど遺族の不満をぶちまけているところは理解できます。しかし、この不満を”政府の隠蔽”と位置づけるのはおかしくありませんか?9/11 Press for Trurhに出ている女性達は"Jersey Girls"として2004年の選挙以前に活発に活動された方々です。民主党の方々からサポートを受けて政府から色々な情報を得たと聞いています。それでその方々が納得しているかどうかは…

どちらにせよ、真魚さんが提示している情報はでたらめであったり、嘘であったり、個人の主張レベルの情報です。9/11CommissionやNYTimesなどで否定されていたり、その後PMが行った調査などで科学的な処理がされています。

ネット上では情報は一人歩きします。その一人歩きを真魚さんはお手伝いしているにしか過ぎません。

MikeRossTky

Posted by: マイク | September 19, 2006 at 06:38 PM

Mike、

墜落現場のまとまった写真は私が紹介したサイトの他には、ほとんどないというのはおかしいとは思いませんか。
現場はいまも立ち入り禁止になっているそうですが、おかしいとは思いませんか。
93便の遺体の回収率は重量で約8%にすぎないというのもおかしいとは思いませんか。
エンジンが見つからないのはおかしいとは思いませんか。

科学的見地からではなく、政府に疑いを持つから反対する。それは科学ではなく政治です。大量破壊兵器があるといって戦争を起こし、地球温暖化はないといって環境保護に反対する、それが共和党です。そうした政党を支持する人の言うことは、どうも疑わしいと思わざる得ません。

Posted by: 真魚 | September 22, 2006 at 05:07 PM

真魚さん、

なぜ、ネットをちゃんと利用できないのですか?下記の情報を探すのには10分もかかりませんでしたよ!!

<<墜落現場のまとまった写真は私が紹介したサイトの他には、ほとんどないというのはおかしいとは思いませんか。

http://thewebfairy.com/killtown/flight93/gallery.html

このURLに行けば沢山見ることができますよ。この事故現場は確かに”Photogenic"な現場ではなかったですよね。飛行機が完全にやわらかい土の中に突っ込めばなんの写真を撮ればよいのでしょうか?

この辺の地形は、氷河の爪あとのような地形です。尾根と尾根の間に土が結構埋まっていて、全体的には平らなんですよ。ボルチモアからピッツバーグ間を何十回も飛行機で飛んでますし、車でも幾度も通ったところです。10m-30mほどの深さと岩が表面から出ている繰り返しです。

<<現場はいまも立ち入り禁止になっているそうですが、おかしいとは思いませんか。

この土地は個人の所有でしょ?ペンシルバニアの田舎です。

<<93便の遺体の回収率は重量で約8%にすぎないというのもおかしいとは思いませんか。

機体が垂直に突っ込めば遺体はどのように?どう回収できるのでしょうか?

<<エンジンが見つからないのはおかしいとは思いませんか。

http://911myths.com/html/missing_engine.html

無くなっていませんよ。一部が600mぐらい離れたところで見つかっただけですよ。

<<科学的見地からではなく、政府に疑いを持つから反対する。それは科学ではなく政治です。

確かに政治です。嘘や偽りや思いすぎに基づく政治です。なぜ、ネットで簡単に探せる情報を無視して発言を行うのですか?

<<政党を支持する人の言うことは、どうも疑わしいと思わざる得ません。


またまた。9・11で真魚さんと同じ見解を持たない人はみんな共和党支持者なのですか?PMと言う雑誌は共和党支持だと言う証拠でもあるのですか?

http://911myths.com/index.htmlこのサイトより引用:

Whatever you believe about 9/11, the spreading of false claims helps no-one, and we’d like to play a small part in revealing some of them. We’re not about debunking entire conspiracies, then, but will use this site to zoom in on what we think are the more dubious stories, revealing the misquotes, the distortions, the inaccuracies that are so common online.

But does this make us an authority? No. If we’ve an overall message here, it’s check things for yourself. Don’t trust a site just because it’s telling you what you want to believe. Don’t believe us without evaluating our arguments and checking the references we provide, either (we’re as likely to make mistakes as anyone else). Look into the claims yourself, discover both sides of the argument, and make your own mind up. The truth deserves nothing less.

そうです。The truth deserves nothing less.

MikeRossTky

Posted by: マイク | September 22, 2006 at 11:49 PM

訂正:

下記のように書きましたが:
この辺の地形は、氷河の爪あとのような地形です。尾根と尾根の間に土が結構埋まっていて、全体的には平らなんですよ。ボルチモアからピッツバーグ間を何十回も飛行機で飛んでますし、車でも幾度も通ったところです。10m-30mほどの深さと岩が表面から出ている繰り返しです。

墜落現場は:

The crash site is a former strip mine owned by PBS Coal Co. and is known locally as the Diamond T. Mine. The impact left a blackened crater at least 45 feet in diameter, said Mark Stahl of Somerset, who arrived at the scene carrying a digital camera just minutes after the plane crashed.

石炭を”Strip mined"した後の場所です。すなわち、非常にやわらかい地層に突っ込んだということです。

MikeRossTky

Posted by: マイク | September 23, 2006 at 12:34 AM

舎さん、

コメントを無視していたわけではありません。ブログ記事でとりあげるというので待っていたわけです。といっても、舎さんの記事がアップされてから一週間近くたってしまいましたが。

重要なのは、アメリカ国内の世論です。9.11が与えた影響とは、外交政策にではなく、アメリカ人の意識に与えた影響が重要なのです。9.11以前からチェイニーやラムズフェルドやネオコン言論人たちが主張してきたことが、9.11以後、国民の支持を受けて実行できるようになった、そして実行した、というのが9.11の政治的な意味なのです。

Posted by: 真魚 | September 23, 2006 at 03:15 AM

Mike,

Wikipediaにはこう書いてあります。
"Within the 9/11 Truth movement, some activists are considered more radical than others. Some labelers have ascribed the acronyms "MIHOP" (Made It Happen On Purpose) and "LIHOP" (Let It Happen On Purpose) to designate two camps.
9/11 Truth Movement
From Wikipedia, the free encyclopedia

陰謀論者にもいろいろ人がいるということです。政府が自作自演したんだと主張する人(MIHOP)もいれば、政府がテロの計画を知っていて、それをやらせたと主張している人(LIHOP)もいる。

重要なのは、きちんと調べて政府の隠蔽の事実を指摘しているLIHOPの人々の存在です。彼らが述べていることを無視できない。911には謎がある。例えば、911truth.orgはそうしたLIHOPの組織です。http://www.911truth.org

>><<科学的見地からではなく、政府に疑いを持つから反対する。それは科学ではなく政治です。
>>
>>確かに政治です。嘘や偽りや思いすぎに基づく政治です。

あーこれは日本語の文章の解釈の誤りです。私が書いた文章の意味は、

陰謀説を否定する人々は、陰謀説を述べている人が非科学的なことを言っているから否定しているのではなく、政府を批判しているから陰謀説を否定しているのである。陰謀説が政府を批判しているから否定するというのは、科学ではなく政治である。

という意味です。

なぜならば、陰謀説否定論者の説明は、陰謀説論者の主張の反論にはなっていないからです。反論になっていないからこそ、911truth.orgなどの活動があるわけです。ネットですぐわかると思いますが。

>>非常にやわらかい地層に突っ込んだということです。

ではなぜ機体の全部、遺体の全部を発掘しないのでしょうか?
やわらかい地層だからできないとでも言うのでしょうか?
私が挙げた
"Flight 93 'was shot down' claims book"
http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/news/news.html?in_article_id=401315&in_page_id=1770
の「Why did the engines go missing? 」の章を読んで頂いているのでしょうか。
ボイス・レコーダーを一般公開しないのはなぜでしょうか。
United 93にも9.11全体でも謎が多いと言わざるえません。

Posted by: 真魚 | September 24, 2006 at 04:17 PM

真魚さん、

<<ボイス・レコーダーを一般公開しないのはなぜでしょうか。

http://files.findlaw.com/news.findlaw.com/hdocs/docs/terrorism/flight93transcript.pdf

上記に公開されているでは? Yahooで2分もかかりませんでしたよ?

また、http://www.dep.state.pa.us/dep/emergency/pictures/091201f.htm のサイトに行けば、ペンシルバニア州がまとめた情報サイトの写真(真魚さんが全くないと言う写真群!!)の一部を見ることが。その中で:

9/16/2001 - Somerset Crash Site- FBI and other investigators at the scene have excavated the crash site down to a depth of about 45 feet looking for clues. Digging a trench that deep requires special care to avoid cave-ins and constant monitoring to ensure any fumes from soil contaminated with jet fuel and hydraulic fluid do not present a hazard to emergency workers.

全部を発掘していないとはなにをベースに?

You are just plain lazy. 真魚さんが”疑問”と思っている情報についてはYahooで調べることができますよ。

LIHOPでもMIHOPでも、真実を無視すれば何でも作り上げることはできますよね?Wikipediaでそのような仮説を立てる人がいるからって、その情報が正しいとか間違っているとかって事ではないですよね。

確かに、United93便についてネットで調べると真魚さんが好きそうな情報は沢山あります。しかし、その中から的確な情報を探すことも難しくはありません。

簡単な質問をします。なぜ、真魚さんは簡単に探せる情報を無視するのですか?

もう一つ、なぜ、アンチ共和党、アンチ保守であれば真実を無視することが簡単にできるのですか?

この二つの質問に直接答えていただけますか?

MikeRossTky

Posted by: マイク | September 24, 2006 at 08:53 PM

Mike,

編集していないボイス・レコーダーはどこでしょうか?
エンジンの主なパーツはどこでしょうか?
遺体の写真はどこでしょうか?

なぜ隠すのでしょうか?

Google Videoで"9/11 Press for Truth"を見てください。遺族の方々が真実を追求しようとしています。なぜ政府は隠すのでしょうか。

政府は情報を隠蔽しているということについて、以下のURLも挙げておきます。
"A group of distinguished experts and scholars, including Robert M. Bowman, James H. Fetzer, Wayne Madsen,John McMurtry, Morgan Reynolds, and Andreas von Buelow, have concluded that senior government officials have covered up crucial facts about what really happened on 9/11."
"EXPERTS CLAIM OFFICIAL 9/11 STORY IS A HOAX"
http://www.scholarsfor911truth.org/PressRelease30Jan2006.html

このように、政府が情報を隠蔽しているという事実を提示しているサイトが数多くあるのに、なぜ無視をするのでしょうか?

http://complete911timeline.org/
では911について数多くのメディア情報を時間軸にそって見ることができるようになっています。これは非常に重要なサイトです。これを見るだけでも、政府は911のテロがあることを事前に知っていたことが明白です。しかし、ブッシュもライスも知らなかったと嘘をついています。I don't say you are a liar, Mike. Bush is a liar, Condi is a liar. So Let me ask, why do you take sides with liars?

Posted by: 真魚 | September 24, 2006 at 10:46 PM

真魚さん、

なぜ、私が訊いた質問にはこたえられないのですか?

<<編集していないボイス・レコーダーはどこでしょうか?

Yahooで探してください。この情報は探せます。Stop being lazy!!

<<エンジンの主なパーツはどこでしょうか?

落下した時のクレーター内に一部以外はありました。この情報もYahooで探せます。Stop being so lazy!!

<<遺体の写真はどこでしょうか?

機体が15mの穴の中に圧縮されると人間の体は、遺体はどうなると思いますか? 真魚さんはどのような遺体を見たいのですか? 骨の破片などを見たければ、Yahooで探せますよ。私は見つけましたよ。

<<政府が情報を隠蔽しているという事実を提示しているサイト

事実なのですか?それとも憶測レベルでしょうか?インターネットで誰でもサイトを立ち上げて何を書いてもいいわけですよね。

私が短時間で”写真がない”と言っていた真魚さんを否定できたわけですよね。そのレベルのリサーチしかしていないのに…

私は嘘つきの側に立っているとは思っていません。BushやCondiさんについて一言も書いていません。現場で起こって情報を見ているだけです。それ以上には興味がありません。

真魚さんこそ、なぜ、嘘、偽り、憶測レベルの情報を鵜呑みにしているのですか?

なぜ、私の簡単な質問に答えようとしないのですか?

Why can't you even bring yourself to answer couple of questions I ask? What are you afraid of? The truth??  Or are you just plain lazy?

MikeRossTky


Posted by: マイク | September 24, 2006 at 11:55 PM

Mike,

では、私が求める情報は(ないのだから)ないと判断して良いですね?
連邦政府が情報を隠蔽していると判断して良いですね?

私が挙げた
"9/11 Press for Truth"

"Flight 93 'was shot down' claims book"
http://www.dailymail.co.uk/pages/live/articles/news/news.html?in_article_id=401315&in_page_id=1770
に対する回答はこれらは嘘、偽り、憶測レベルの情報だと?

なぜ、事実と確定していないものを事実だと言えるのでしょうか?

>>現場で起こって情報を見ているだけです
私もあの現場の写真を見て言っています。あなたは、あの現場は航空機の墜落現場との姿として真実であると判断しているわけですね?であるのならば、あなたの現場認識は間違っていると理解してよいですね?なぜ間違っているのかというと、それらの反論では上記の"Flight 93 'was shot down' claims book"の疑問が解明されないからです。

しかし、あなたは"Flight 93 'was shot down' claims book"は嘘、偽り、憶測レベルだと言うのですから、これはargumentが成り立ちません。本来、argumentとは双方が証拠として承認するものの上で行うものでなくてはなりません。だからこそ、政府は正しい情報を提供するべきである、その上で真実を明らかにしたいと申しているのですが・・・・。

Posted by: 真魚 | September 25, 2006 at 02:13 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36163/11919673

Listed below are links to weblogs that reference 『ユナイテッド93』:

« 5年目の9.11 | Main | アメリカは「普通の国」日本を歓迎する »