« アメリカは「普通の国」日本を歓迎する | Main | 日本政府はなぜイラク戦争を支持したのか »

September 22, 2006

まい あぽろじー つぅー きょーわとー

 エントリー記事Sep16『ユナイテッド93』のコメントにて真魚wrote

>>地球温暖化はないといって環境保護に反対する、それが共和党です。

 謹んでお詫び申し上げますとともに、ここに訂正させていただきます。

 シュワルツェネッガーカリフォルニア州知事(共和党)が、20年までに温室効果ガスを現行より25%削減することを産業界に義務付ける法案に署名するようだ。

 NYTの記事はこちら

 カリフォルニア州司法長官Bill Lockyerはこう語る。

"Vehicle emissions are the single most rapidly growing source of the carbon emissions contributing to global warming, yet the federal government and automakers have refused to act."

「車の排気ガスは、地球温暖化現象をもたらしている二酸化炭素ガス放出の主要な原因です。しかし、連邦政府と自動車会社は抑制することを拒絶してきました」

 この法案は、全米で最初の法案になるという。アル・ゴアのドキュメンタリー映画"An Inconvenient Truth"によって、アメリカの一般市民のみなさんも地球温暖化の危機を理解し始めたのであろうか。地球上の約5%の人口しかいないアメリカは、地球温暖化の30.3%以上もの原因を作っているということをゴアは映画の中で述べている。アメリカが地球温暖化対策を行わなければ、なにも変わらないのである。アメリカの行動とは、すなわちアメリカ市民の意識である。だからこそ、ゴアはアメリカの一般市民に向かって地球温暖化を語るのだ。

 州レベルでは、京都議定書に賛成している州は多い。そして、映画"An Inconvenient Truth"は、ドキュメンタリー映画としてはアメリカ合衆国映画史上4番目の興行成績を収めているという。Green politicsは、今アメリカで大きく動き始めている新しい政治意識である。

 自分は、今まで共和党を誤解してきました。共和党は環境問題を無視し、大手企業の利益を優先し、少数民族や女性や同性愛者の権利を侵害し、中絶を認めず、市民のメールや電話を監視・盗聴し、政府の介入には反対するくせに、軍隊を送って他人の国の政権を崩壊させ、銃による殺人事件がどれほど多くても銃規制には反対し、2000年の大統領選挙ではインチキをし、9/11のテロの情報を事前につかんでいたのに、なにもしなかったし、チェイニーは絶対あやしいし、ヒラリーが下院は共和党に支配された「プランテーション」みたいだと言ったのは正しいし、アン・カルターのフィギュア人形を買う人って・・・・って思うし(でも、見つけたら買うかも)、ジョン・マケインは、バリー・ゴールドウォーターの後継者とは思えないし、などなど、いろいろ思ってきましたが、共和党は環境問題を無視しているという点について、ここに訂正を致します。

 いや、共和党ですら、地球温暖化の(Inconvenientな)事実を無視できなくなってきたと言えるであろう。

|

« アメリカは「普通の国」日本を歓迎する | Main | 日本政府はなぜイラク戦争を支持したのか »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

彼はRINOになりましたね。Republican in Name Only...

Posted by: マイク | September 22, 2006 at 11:25 PM

真魚さん、

やはり評価は良くありませんね。 http://www.ncpa.org/sub/dpd/index.php?page=article&Article_ID=12360 より:

* An analysis of a regional climate change action plan considered by 11 Northeastern states and the premiers of Canada's eastern provinces showed that even with an efficient cap-and-trade program similar to Schwarzenegger's proposal, both electricity and residential natural gas prices would rise by as much as 39 percent by 2020.
* The higher energy costs would result in consumption falling by an estimated average of $2,634 per household; gross state product would decline 1.1 percent; and an estimated 191,589 jobs would be lost by 2010.
* The study also found that as companies fled high fuel prices in the Northeastern states, employment in the rest of the United States would increase by more than 117,000 in 2010 and by an additional 59,000 in 2020.

Posted by: マイク | September 24, 2006 at 08:24 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36163/11997743

Listed below are links to weblogs that reference まい あぽろじー つぅー きょーわとー:

» _●倉敷の居酒屋:CO削減へ「植林に役立てて」 [酒ブログ情報トラックバックセンター]
倉敷の居酒屋「お家ごはん」 きょうから3日間、売り上げ全額寄付へ 倉敷の居酒屋「お家ごはん」 きょうから3日間、売り上げ全額寄付へ地球温暖化対策を定めた京都議定書の目標へ対して何をできるか? [Read More]

Tracked on September 23, 2006 at 01:58 AM

» 温暖化訴訟 [mikerosstky]
温暖化訴訟 2 [Read More]

Tracked on September 23, 2006 at 12:07 PM

» 地球温暖化:米国をナメると後がマジでコワイぞっ、、、と [Economics, Technology & Media]
地球温暖化:米国をナメると後がマジでコワイぞっ、、、と:2009年米国気候イニシアティブ説 ... [Read More]

Tracked on October 08, 2006 at 08:36 AM

« アメリカは「普通の国」日本を歓迎する | Main | 日本政府はなぜイラク戦争を支持したのか »