« 最近のヘラトリ,Time,Newsweekを読んで | Main | 『An Inconvenient Truth 不都合な真実』日本での公開決定 »

July 30, 2006

動画を見ています

 このところ、ブログを書くこともせず、何をしていたのかというと、当然仕事をしていたわけであるけれど。とりあえず、夜、自宅へ帰った後とか、土日とかは(まー土日も仕事したりしていたけど)もっぱらネットで動画を見ています。

 自宅のネットが光接続になっているからというわけでもないが、最近、ネットで動画を見ることが多い。元々、以前からABCが有料でネットで流しているABC NewsTVWorld Newsなどをパソコンで見ていたわけであるが、少し前からCNNがCNN Pipelineというこれも有料の番組配信サービスが始まっていて、これを見ている。スカパー!でやっているCNNはCNNjと呼ばれ、CNN internationalを日本向けにアレンジしたものである。スカパー!でCNNを見るよりも、直接、CNN internationalをCNN Piplineで見た方が安い。そもそも、僕はかなり前からスカパー!は契約をやめていて衛星放送のテレビを見ていない。しかし、そうなるとCNNが見れなくなったので、どうしようかなあと思っていたが、ネットで見ることができるようになったので良かった。

 CNN Piplineでは4つのチャンネルがあって、少し前のスペースシャトルのミッションフライトの時は、宇宙センターとスペースシャトルの通信を延々と流していた。打ち上げの時とか、帰還の時とかだけではなく、おもなフライト中全部の通信を延々と流していたのである!スペースシャトルから地球を映したlive映像とかも延々と流れていて、こうしたものを日本の東京の自分の家の机のパソコンで見ることができる今の時代について、つくづく考えるのであった(なんかこの文章が多いな)。今現在は、レバンノンとイスラエルのニュース番組を並べて流していたり、国連での会議の様子などを延々と流している。

 最近話題のYouTubeGoogle videoでは、アル・ゴアやトマス・フリードマンの対談番組を見ることができる。これがいい。さらに、C-SPAN2のBooktvにはキングリッチとアルビン・トフラーの対談やフランシス・フクヤマが最近の自著について語る番組があって、これもまたいい。それらの動画は、10分とか20分とかの動画ではなく、1時間とか2時間とかの動画なのである。トマス・フリードマンなんか3時間なのだ。また、NewYorkTimesのPodcastでは、作家やジャーナリストの約1時間もののディスカッション番組があって、これもいい。前回紹介したように、ザカリアがホストを務める国際関係の番組"Foreign exchange"もネットで見ることができる。

 日本に住んでいる日本人だから、日本のテレビしか見れないというわけではない。日本に住んでいる日本人だって、こうして外国のテレビを見ることができる。これまではアメリカのテレビ番組は、日本のテレビ局が放送するものしか見ることができなかった。しかしながら、今の時代は違う。日本にいながらこうした番組や放送を見たり聴くことができるようになったのだ。しかも、これらの動画やPodcastはタダである。今日、アメリカではネットは人々の知的生産活動のインフラともいうべきものになっている。国境がないインターネットに、アメリカの知的生産活動のインフラがあるということは、日本にいてもそれらを利用することができるということである。さらに言えば、シンガポールにいようと、中国の上海にいようと、インドのバンガロールにいようとできるということなのである。

 知識や技術やデザインやビジネスモデルといった知的付加価値のあるものを創造する産業を、自国の経済のコアにしようとしている国にとって、ネットで教育・啓蒙を行うことはもはやあたりまえのことになっている。日本では、ネットをいかにビジネスにするか、いかに宣伝でネット使うか。あるいは、いかに業務を効率化するかみたいな話しかない。これらは、いわばモノつくり生産技術の発想である。日本では、一般的にネットを製品やサービスの生産や流通、販売の技術の視点でしか見ない。教育や研究や社会啓蒙の分野で、ネットを使っていくことが本格的になされていない。地上波デジタル放送を携帯電話で見ることができるとか、ようするに日本ではコンテンツよりも技術偏重なのである。政治家や作家や芸術家と2時間とか3時間とか対談する番組をネットで流すことを日本ではやらないのはなぜなのか。

|

« 最近のヘラトリ,Time,Newsweekを読んで | Main | 『An Inconvenient Truth 不都合な真実』日本での公開決定 »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

こんにちは。

>>これまではアメリカのテレビ番組は、日本のテレビ局が放送するものしか見ることができなかった。

いや、1980年代後半にパラボラアンテナが“ごく一部”の人だけの物から“一部”の人でも備え付ける物になって、
某テレビ人がセミリタイアするハメになってしまいましたよ。(^^;)

Posted by: てんてけ | July 31, 2006 at 05:31 PM

てんてけさん、

衛星放送は情報のグローバル化の先駆けですね。自分でパラボラアンテナを立てて、ディレクTVでCNNを見た時は感動したもんです。

Posted by: 真魚 | August 02, 2006 at 12:11 AM

>ようするに日本ではコンテンツよりも技術偏重なのである。

技術だけなら日本のブログの方が欧米のものより高いように思えます。ニフティは明らかにグーグルよりレイアウトしやすいです。また、日本のトラックバック機能はどこもよくできています。

ポータルサイト相互の交流も日本の物のほうが盛んに見えます。あちらのブログだと、GoogleはGoogleだけで、YahooはYahooだけでコメントをし合う傾向が強いように感じられます。

日本のブログランキングも機能良くできています。

これだけ技術があるのに、コンテンツが伴わないではもったいないです。今の日本で人気の政治ブログには程度の低いものも多くて辟易します。

ところでMSNにコメントできなくたってしまいました。何であんな面倒なことするんだろう?

Posted by: 舎 亜歴 | August 06, 2006 at 05:50 AM

舎さん、

このブログのプログラムはアメリカ製です。

MikeRossTky

Posted by: マイク | August 06, 2006 at 08:36 PM

舎さん、

日本のブログ技術は高いです。では、その内容はどうか。外国のブログにもいろいろありますし、千差万別ですね。ただ、政治系の分野で外国のブログ(といっても私が読めるのは英語だけですが)の良いブログは良いですね。日本だと少ないです。技術系では、日本でもいいブログをやっている人は多いですが。

MSNはWindows Live IDを作らなくては書き込みできないようです。私はメッセンジャーのIDで入っているのですが、コメントの書き込みはできますが名前の部分を書くことができないです。

Posted by: 真魚 | August 07, 2006 at 12:45 AM

おはようございます。
「技術」という視点でいうのであれば、
「程度の低いものばかり」というよりも、
「質の高いものを探すことが困難」というべきではないでしょうか?

Posted by: てんてけ | August 07, 2006 at 06:09 AM

てんてけさん、

技術では質は決まっていますから。ある一定の基準が保たれていますし。日本でも外国でも、技術は同じですね。A=Bであり、B=Cであるのならば、A=Cであることは、どの国でも同じです。理工系の勉強をした人は基礎もしっかりしていますし。というか、しっかりするよう教育システムが確立しているわけです。ところが、文科系はそうではないです。かなり属人的というか、その「人」によって質もレベルも違うわけです。優れた人物というのは探すことは困難ですね。

Posted by: 真魚 | August 08, 2006 at 12:04 AM

マイクさん、

これ、アメリカ製のプログラムですか。日本の顧客の方が最新技術について細かい要求があるのでしょうか?

興味深いことに、アメリカのマイナー・リーグの若手には品番とサイズだけを選んだバットが球団から支給されるそうですが、日本では高校を出たばかりのルーキーでも工場に出向いて自分だけのtailor madeなバットを作れます。

道具に対する日本の顧客に特有の感覚も高い職人技術につながっているのかどうか?

真魚さん、

上に記した通りですが、やはり日本の政治ブログのコンテンツはどうにかならないかと思うものが多いです。中国や韓国に厳しいことを言うのは結構。しかしタレントの誹謗中傷や三面記事並みのネタを並べて、政治ブログだなんて恥ずかしくないのかと思います。

アメリカの有名無名のブログでも、イスラムの脅威に対してこんな馬鹿げた内容で書かれたものは見かけません。

Posted by: 舎 亜歴 | August 08, 2006 at 12:53 AM

舎さん、

これは日本のブログというより、そもそも欧米と日本の政治への認識の違いだと思います。上記にも書きましたが、「技術」あるいは「工学」となると定義なり方法論なりが確立しています。これは日本も欧米も同じです。同様に、「政治」というのも欧米では定義なり方法論なりが確立しています。例えば、「市民」というワードひとつをとってみても定義が明確にあるわけです。しかしながら、日本の教育ではそうしたことを教えません。日本では、政治は、結局、人間関係であり、利害の調整であるかのようなものになっています。アメリカでは、一般の会話であっても政治の会話であるのならば、必要最低限の知っていることがあるわけです。保守とリベラルの考え方の違いや、合衆国憲法について、民主主義の理念についてなどといったことです。そうした共通の知識や、共通の物事の見方の上で、各人それぞれの考えを展開していきます。日本とアメリカでは、教育も含めて「政治」についてあまりにも違いすぎます。これはまあ、だからといってそう簡単に変わるものではないですし。ある種、やむをえないものだとも思います。

Posted by: 真魚 | August 08, 2006 at 02:10 AM

舎さん、

”Powered by Typepad"でこのプログラムはwww.sixapart.com/にURLがある会社の製品です。マネジメントの情報などサイトにあります。

MikeRossTky

Posted by: マイク | August 08, 2006 at 06:26 AM

真魚さん、おはようございます。
う〜んと、検索サイトで知りたい情報を探すとき、
なんだかんだいっても探す人の能力に左右されてしまいます、
という意味だったんですけど、(^^;)
「工学」や「技術」に内在されている思想性って、
排除されている者には切実な問題ですよ〜。
私は基本的にMacえIEを使っているのですが、
ココログの一部サイトは表示がされませんし、はてなでは
文中に文字欠けがあります。
ネスケで大丈夫なところもあれば、駄目なところもあります。
またYahooなどの動画コンテンツは不対象ですし。
ジョージ・オーウェルの「動物農場」の中に
「四本足は平等だ、しかし二本足はもっと平等だ」という一節がありますが、
技術者(プログラマ)のA=B,B=C,∴A=CがD以降を全く念頭に置かないことは、
苦笑するしかないです。

Posted by: てんてけ | August 08, 2006 at 09:50 AM

てんてけさん、

マックとPCについて言えば、僕は両方使っているのでハード代が2倍、ソフト代も2倍ですね。ノートンもATOKも両方買っています。まー定義するってゆーことは、排除するってゆーことでもありますね。限られた予算と時間と労力のもとでは、ある「限定」というのがどうしても必要になります。D以降がある、ということはよくわかっているのだけど、やむを得ぬ事情でカットしました、ということばかりですねえ、この世の中は。

Posted by: 真魚 | August 09, 2006 at 12:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36163/11149917

Listed below are links to weblogs that reference 動画を見ています:

« 最近のヘラトリ,Time,Newsweekを読んで | Main | 『An Inconvenient Truth 不都合な真実』日本での公開決定 »