« 絵に描いた餅 | Main | 日中不和は子供のケンカ »

April 21, 2005

「ネバダレポート」というものがある

 「ネバダレポート」(Nevada Economic Report)というものがあるということを、最近知った。金融関係では、知る人ぞ知る結構有名なレポートであるようだ。以前、ここでも書いたアメリカ政府による「年次改革要望書」のようなものだと考えることができるかもしれない。

 「ネバダレポート」とは、2001年9月に日本の投資会社を通して一部の官僚や政治家に渡り、そして瞬く間に霞ヶ関に広まった出所不明の報告書である。IMF(国際通貨基金)調査官と日本の官僚らの合作と言われていて、日本の国家財政が破綻し、IMFの管理下におかれた時、どのようにIMFが日本の財政を管理し、立て直しを行っていくか、そのアクション・プログラムが書かれているものである。この報告書は、衆議院の第154回国会予算委員会で取り上げられた。

 どのような内容のものか。衆議院の第154回国会予算委員会10号平成14年2月14日の議事録によると、以下のような内容である。

 日本の国家財政が破綻し、IMFの管理下に置かれると、

(1)公務員の総数、給料は三〇%以上カット、及びボーナスは例外なくすべてカット。
(2)公務員の退職金は一切認めない、一〇〇%カット。
(3)年金は一律三〇%カット。
(4)国債の利払いは五年から十年間停止。
(5)消費税を二〇%に引き上げる。
(6)課税最低限を引き下げ、年収百万円以上から徴税を行う。
(7)資産税を導入し、不動産に対しては公示価格の五%を課税。債券、社債については五から一五%の課税。
(8)預金については一律ペイオフを実施し、第二段階として、預金を三〇%から四〇%カットする。

ということになる、ということだ。ようするに、最悪の場合、日本の財政はこうなるというIMFのシナリオである。簡単に言うと、外資が日本の金融を支配するということである。

 この「ネバダレポート」なるものの信憑性は、疑わしいものであるようだ。本当に、IMFが作成したのかどうか謎であるという。しかしながら、「ネバダレポート」が偽文書であろうがなかろうが、日本の財政が現状のままで続くのならば、この国は本当にIMFの管理下に置かれる可能性は高い。平成14年からこうしたことを言われていて、未だになにも改革が行われていないということは、もはや改革する意思はないものと思われるのではないか。

 今でもこそ公務員に就職すれば、一生安泰だと思われているが、上記のようなことが実際に起こるとなると、公務員は給料は大幅に減り、ボーナスはカット、さらに退職金はないという悪夢の事態になることになる。よって、官僚は(1)から(3)は、絶対にやりたくないであろうから、つまり、今(3)以下を行おうとしているとも考えることができる。(3)以下は、国民全体の負担にすることができるからだ。財政破綻の危機は、国民の支払いによってなんとか脱したい、というのが今の官僚のホンネなのであろう。

|

« 絵に描いた餅 | Main | 日中不和は子供のケンカ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

大変、興味深いブログ文なのにコメントなしは寂しいです。実際に同レポートの改革が行なわれるようになれば、(1)~(3)にも手をつけざるを得ないでしょう。ただ、日本の官僚機構は自分達の権益保護にかけては極めて狡猾なので、ありとあらゆる手を使って骨抜きにしようとするとは思います。

そういう狡猾さを他で生かしてくれないものでしょうか?人さらいの国や反日感情(これも参加者が本心から抱いているのか疑わしいのですが)を利用する国と対峙する際に。

ところで、「深夜のニュース」と英文ブログはお休みですか?次を期待して待っています。私のブログはやっと本格始動です。

Posted by: 舎 亜歴 | May 12, 2005 at 12:33 AM

マスコミは、財政赤字が今現在いくらいくらあるとしか報道しません。であるのならば、これは一体どういうことなのか考えようという方向にはもっていきません。国の借金とよく言いますが、国の借金であるということは、国民個人の、自分の借金というわけではないんだなということで、国民の側もいまひとつピンとこないのだと思います。

ブログの更新が滞っておりまして、申し訳ありません。今週はせっぱつまった仕事がありまして。来週になれば、もう少しラクになれるのではないかと思っております。私の英文ブログももう少し書いて、ここで皆様にお知らせしようかなと思っております。なにやら、仕事のしまくりで、働けど働けど我が暮らし・・・じっと手を見る次第であります。

Posted by: 真魚 | May 13, 2005 at 01:32 AM

Nevada Economic Report って、「IMFに近い筋」が書いたものでもなんでもなく、コレクターズジャパン(本文で日本の投資会社、といわれているもの?)の人が書いたものなんじゃないの?
希少金貨販売のPR誌でしょ。

Posted by: なんちゃましまし | October 07, 2005 at 12:48 AM

なんちゃましましさん、


「ネバダレポート」の出所は謎になっています。もちろん、しかるべきスジではないと思います。しかし、出所云々というより、可能性としてこうした未来もありうるということは考える価値はあります。

Posted by: 真魚 | October 07, 2005 at 02:06 AM

nevada economic reportでググれば掲載元は余裕ででてくるじゃん
出所不明じゃないよ
実際このレポートも話題になる前に俺見ているもん
サイト運営者がどこからこの情報を見つけてきたのかは分からないけど新聞の隅から隅までよく読んでいるなあと思う。
はっとくよ
ttp://www.collectors-japan.com/nevada/

Posted by: あれれ | November 13, 2005 at 02:39 PM

情報ありがとうございます。

2001年に霞ヶ関に出回ったというもの(あるいは平成14年2月14日に衆議院議員予算委員会で取り上げられた)いわゆる「ネバダリポート」と呼ばれるものがコレクターズ・ジャパン株式会社の報告であったかどうか、実際のところどうなのかわかりません。違うものであるような気はしますが。

Posted by: 真魚 | November 13, 2005 at 10:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36163/3790241

Listed below are links to weblogs that reference 「ネバダレポート」というものがある:

» 郵政民営化は本当に日本のため? [生きてゆく派遣社員のBlog]
こんばんは、うめたんです。 本日更新されたマガジン9条内の「雨宮処凛が行く!」に 雨宮処凛さんによる「生きさせろ!集会」レポートが出ています。 雨宮処凛が行く!025 「『生きさせろ!集会』、大大大成功!!、の巻」 ワタシもこの中にいたのね〜、と思うとちょっ....... [Read More]

Tracked on September 26, 2007 at 07:39 PM

« 絵に描いた餅 | Main | 日中不和は子供のケンカ »