« オーストラリアに「守られる」日本の軍隊とはいかがなものか | Main | 2.26 その6 »

February 26, 2005

2.26 その5

 2.26事件のその日となったが、仕事が忙しくて文章を書く時間なし。

 26日未明の今、昭和11年の今頃は、青年将校たちは決起の行動を開始していたであろうが、深夜帰宅で疲れ果てた私は、ぼおおーと、DVDで『機動警察パトレイバー2』を見ている。やはり、この時期はこれを見なくてはならないだろう。もはや何回見たのか覚えていないが、なんど見てもいい作品はいい。五社英雄監督の映画『226』は、数ある2.26事件の映画の中でベストであるが、それとは別に押井監督の「二課の一番長い日」と、この『機動警察パトレイバー2』もまた「2.26事件の映画」の中に含まれるべき作品だと思う。うううっ、明日の六本木ヒルズでの押井さんの「押井守<戦争>を語る」にも行けそうもない。あー残念。


|

« オーストラリアに「守られる」日本の軍隊とはいかがなものか | Main | 2.26 その6 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2.26 その5:

« オーストラリアに「守られる」日本の軍隊とはいかがなものか | Main | 2.26 その6 »