« 根津神社 | Main | 美は乱調にあり »

October 26, 2004

The Washington Postはケリーを支持する

 Washington Post紙は、ケリーを支持することに決めたようだ。24日の社説で次のように書いている。

"On balance, though, we believe Mr. Kerry, with his promise of resoluteness tempered by wisdom and open-mindedness, has staked a stronger claim on the nation's trust to lead for the next four years."
(バランスの観点から見れば、我々はケリーを信用する。彼の英知と開かれた心による硬い決意の約束は、次の4年間、国家の信頼を導くことの強い主張を貫いている。)

 ブッシュの外交には良い面もあったが、しかし高く評価することはできないと書いている。

"These failings have a common source in Mr. Bush's cocksureness, his failure to seek advice from anyone outside a narrow circle and his unwillingness to expect the unexpected or adapt to new facts. These are dangerous traits in any president but especially in a wartime leader."
(これらの誤りは、ブッシュのうぬぼれによるものである。彼の誤りは、外部の者にアドバイスを求めることであり、彼のやりたくないこととは、期待しなかったものを受け容れなくてはならないことや、新しい事実に適応することである。これらは、いかなる大統領においても危険な特性であり、特に戦時体制ではそうである。)

 国内問題にしても、ブッシュ政権の業績は認めながらも、ブッシュの経済政策は"his reckless fiscal policy"(無謀な財政政策)であるとし、9.11で不況になった経済を減税を行うことでさらに悪化させた。ブッシュは、2000年の選挙の時、民主党のSocial SecurityとMedicareの問題への対応を非難したが、彼の政権になって、それらは全然解決していない。それでいて、有権者に大丈夫だ問題ないと根拠のないことをいっている。

 決して、ケリーを選択することに、リスクがないわけではない.

"None of these issues would bring us to vote for Mr. Kerry if he were less likely than Mr. Bush to keep the nation safe. But we believe the challenger is well equipped to guide the country in a time of danger."
(どの事柄も、もし万一、彼が国を安全に保たれなければ、私たちにケリーに投票させないようにする。しかしながら、私たちは、ケリーの方が危機にある国家を良く導くと信じている。)

 そして、最後にこう書いている。

"We do not view a vote for Mr. Kerry as a vote without risks. But the risks on the other side are well known, and the strengths Mr. Kerry brings are considerable. He pledges both to fight in Iraq and to reach out to allies; to hunt down terrorists, and to engage without arrogance the Islamic world. These are the right goals, and we think Mr. Kerry is the better bet to achieve them."
(決して、ケリーに投票することになんのリスクもないとは思っていない。しかし、ブッシュに投票することのリスクはよくわかっているし、ケリーの力強さは考慮することができる。彼は、イラクで戦うことと、同盟国との関係を保とうとすることの両方を約束する。テロリストを追いつめ、傲慢さなくイスラム世界に関与していく。これらは、正しい目標である。そして、ケリーに投票することは、それらを成し遂げるためのいい賭けだと思う。)

 当然ながら、NewYork Timesも民主党支持である。これで、Washington PostとNewYork Timesという2大新聞は民主党支持を表明したことになる。もちろん、共和党支持の有力新聞は他にあるわけであるが、少なくともこの2紙は民主党を支持し、ブッシュ再選に反対している。

|

« 根津神社 | Main | 美は乱調にあり »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

ブッシュ大統領支持者は新聞を読むんでしょうか?
読まなければ大勢に影響なさそうですが。

Program on International Policy Attitudes 2004/10/21公開資料より

ブッシュ大統領支持者の内

72%
「イラクには大量破壊兵器が存在したか、もしくは開発計画が進行していた」
と誤解していることが判明。

56%
「イラクに大量破壊兵器が実在したと大半の専門家が認めている」
と回答

57%
「米調査団(チャールズ・ドルファー団長)はイラクに大量破壊兵器が実在したか、もしくは開発計画が進行中だったと結論づけた」
と報告と異なる解釈をしている。

75%
「イラクがアルカイダをサポートしていた」
と考え

63%
「イラクがアルカイダをサポートしていた確たる証拠が見つかっている」
と回答。

55%
「911テロ調査委員会はイラクがアルカイダをサポートしていたと結論づけている」
と誤解している。

57%
「世界の大半がブッシュ大統領の再選を望んでいる」
(世界35カ国最新調査で、ブッシュ支持が大半を占める国はわずか3カ国であることが判明)

はぁ……

Posted by: ルイージ | October 26, 2004 at 12:55 PM

いえいえ、ブッシュ支持者は新聞を読まない人々だけではありません。むしろ、そうとうなインテリでも「ブッシュを支持する」と言う人々がたくさんいるということが重要です。新聞も、Washington PostとNewYork Timesだけが有力なのではなく、例えば、Chicago Tribuneは有力新聞ですが、ここは共和党支持です。

日本人やヨーロッパ人から見れば、「ブッシュを支持する」なんてことを言う人は、「私はバカです」と言っているのと同じだと理解しますが、アメリカ国内では第一級の知識人が共和党を支持し、(共和党支持であるが故に)ブッシュを支持しています。ここが重要なポイントです。マイク・ロスも同じです。マイクも内心では「ブッシュはまずいな」と思っているかもしれません。しかしながら、共和党の現職大統領であり、共和党の次期大統領選挙の候補者であるので、我々の面前で「ブッシュは間違っている」と言えないだけです。共和党支持者の多くはそうだと思います。共和党の支持者である以上、ブッシュを支持するのは当然です。ただし、共和党内部にも反ブッシュ派は存在しますが。

ですから、マイクがブッシュはイラクとアルカイダを関係を持っているということを信じているか、いないかということは大した問題ではないと僕は思います。重要なのは、仮にイラクがアルカイダと関係があったとしても、自国へのテロを増加させることになるイラクへ戦争がなぜ成立したのかという根本的なことです。「イラクはアルカイダと関係がある。だから、イラクを侵略した」というのは、これまで歴史上なんども繰り返されてきた戦争のプロパガンダです。極端なことを言えば、ホンネではブッシュ政権の閣僚のだれもが、(もしかしらブッシュ自身も)イラクとアルカイダなんて関係あるわけないと思っていたかもしれません。それでもやった、というか、そういうウソの大義名分を作ってまでやった、やらなくてはならないと判断した、その理由はなんなのかということです。プロパガンダではない、本当の理由があります。そこを理解し、そこのどこがどう間違っているのかを、ブッシュ支持者にわからせる必要があります。

Posted by: 真魚 | October 26, 2004 at 11:48 PM

施政者のプロパガンダに隠された理由。
逆に私はそれらは重要ではないと考えています。

イラク戦争の理由が
キライだからであろうが
石油であろうが
正義であろうが
自由であろうが
自衛であろうが
民主主義であろうが
正義と自由と民主主義と自衛と石油とキライであろうが。

騙そうとしていたかどうかは
告白がない限り受け手の判断です。

たとえば
ブッシュ支持者の
75%「イラクがアルカイダをサポートしていた」
ここまでなら、証拠はないので
サポートがあったともいえます。
(調査委員会はないと報告した現在、可能性は非常に低いわけですが)

しかし

63%「イラクがアルカイダをサポートしていた確たる証拠が見つかっている」
55%「911テロ調査委員会はイラクがアルカイダをサポートしていたと結論づけている」

これは、さまざまな情報を取捨選択した支持者の問題です。
(あるいはあやしいsourceを確たる証拠と勘違いしている)

以前出た『Thymeさんの
嘘の(偽の)言葉であっても他人の脳が現実と認識して記憶した時点で、その他人には現実になったりするんでしょう。』

これらを解消するのに必要なのは
「ブッシュは間違っている」と
ブッシュ支持者に主張するより
「ブッシュ支持のあなたの根拠は正しい?」と
証拠や根拠の矛盾をあげ
問いかけるべきだと私は考えます。

それでも、理解できない(したくない)なら
ブッシュの心の中を想像で語っても
共感は得られないのではないでしょうか?

ブッシュ以上に魅力的なら別ですが。

Posted by: ルイージ | October 27, 2004 at 10:29 AM

しだらでんさんのサイトでこんなの見つけました。

http://see-saw.way-nifty.com/shidaraden/2004/10/post_6.html

想像では、すまないかな?

Posted by: ルイージ | October 27, 2004 at 11:15 AM

October Surprise.... CBS, NYTimes, UN and Democratic Party. It took ABC to bring the truth out.

マイク

Posted by: マイク | October 27, 2004 at 09:34 PM

しだらでんさんのサイトで紹介していたKarl W. B. Schwarzという人の怒りの詰問状というのはたいへん興味深いですね。あと数日で次の4年間の世界が決まります。

Posted by: 真魚 | October 29, 2004 at 12:42 AM

Mike,

http://abcnews.go.com/International/story?id=147826&page=1

"While Iraqi authorities insist that the explosives were stolen after the fall of Baghdad, the Pentagon proposes they may have disappeared before that."

Oh, This is an evasive answer?

Posted by: 真魚 | October 29, 2004 at 12:42 AM

380 tons of explosive. How do you move that much without being noticed? Over 40 trucks would be requried if you use very large 10 ton trucks. How would such vehicles move around unnoticed? How would "looters" accomplish such a task? BTW, this explosive is in a powder form. Can not be used by itself to be of any use.

http://www.cnn.com/2004/WORLD/meast/10/26/iraq.explosives/index.html

http://www.cnsnews.com/ViewPolitics.asp?Page=%5CPolitics%5Carchive%5C200410%5CPOL20041026b.html

But one U.N. official who is well versed with monitoring procedures told the Sun that there is no way for the Iraqis to know whether the material was looted at that date or was hustled out of Iraq earlier, during the war. "We are talking about 40 trucks worth of this stuff," the official who asked not to be named told the Sun. "It's a huge operation." (http://www.nysun.com/article/3783)

If it moved prior to fall of Bagdad, then it was the responsibility of the UN. Of course if we can't find 380tons of explosives, then what else would we not be able to find?

What is your reaction to the "responsibility" of a news organization which coordinated with political party prior to an election?

マイク

Posted by: マイク | October 29, 2004 at 06:27 AM

ブツがいつ無くなったかは、現状定かではないと私も思います。

が、

"If it moved prior to fall of Bagdad, then it was the responsibility of the UN. "

なんで?

主権の所在は
・陥落前=イラク
・陥落時の無政府状態中=?
・陥落後=米国主導の連合国暫定当局と米国
・一部主権委譲の現在(軍事面では米軍が指揮権を維持)=主にイラク暫定政府と米国

核兵器の起爆材として使用可能としてIAEAは監視対象にしてきたけれど
戦前、戦中の武器弾薬の「管理責任」を国連が負う根拠は?

ホワイトハウス高官「不確かな情報を政治利用するものだ」
には賛成、どっちもどっちだけと。

Posted by: ルイージ | October 29, 2004 at 09:17 AM

可能性の高い順に
・戦争時フセインの指示で移動
・アメリカ軍が接収
・いつかはともかく第三者に盗まれた

IAEAの査察結果は国連でも公表されているので
開戦前アメリカも知る立場にありました。

大量破壊兵器は、開戦理由としてでなく国際法に照らした上で
重要な案件でした。

イラクが大量破壊兵器を持っていればイラクの国際法違反は明確でした。
大量破壊兵器が見つからない現状アメリカの国際法に違反している可能性は大です。
限りなく黒に近い。

今さら、核に関連する問題が表面化した背景には
「核を含む大量破壊兵器にアメリカは元々興味がなかった」
(もっと早期に確認する必要があるでしょ)
と推測できますね。

「先制攻撃」を国際法の正確な法律用語で呼ぶと「侵略」。
東条英機が絞首刑にされた理由は「侵略」。

大量破壊兵器の有無はアメリカの「先制攻撃」を正当化する重要な法的根拠なのにね。

Posted by: ルイージ | October 29, 2004 at 10:05 AM

誤 イラクが大量破壊兵器を持っていればイラクの国際法違反は明確でした。

正 イラクが大量破壊兵器を持っていればイラクの国連決議違反は明確でした。

世界一の大量破壊兵器保有国におこられちゃう。

Posted by: ルイージ | October 29, 2004 at 10:11 AM

Mike,

We still don't know when did Iraqi explosives disappear.

http://edition.cnn.com/2004/WORLD/meast/10/28/iraq.explosives/index.html

Posted by: 真魚 | October 30, 2004 at 01:12 AM

ルイージさん、

そうですよね。ブッシュは「爆弾はアメリカ軍が行く前に移されていた」と言っていますが、どこへ行ったのかはわからない。つまり、ビンラディンも捕まえることはできず、爆弾もmissingのままで。これでテロの危険は下がったと、なにゆえ言えるのか不思議ですね。

Posted by: 真魚 | October 30, 2004 at 01:12 AM

http://www.foxnews.com/story/0,2933,137017,00.html
ビデオを見てもらえれば、爆薬がなくなったあたりで爆薬処理を行っていた兵隊からのリポートが。この問題が明確になるにはもっと情報が集まらないと...

質問:CBS・NYTimesはきちんとした証拠・根拠に基いて報道を行ったのか?それとも推測に基いて選挙の前に選挙の結果を変えようとするために流した情報か?

民主主義の基本はメディアが正しい情報を流すと言うことですよね。出なければ北朝鮮やキューバの人達が政府が流す情報のみで生きていく”民主主義”となりますよね。

マイク

Posted by: マイク | October 30, 2004 at 08:44 AM

だれとなく質問
アメリカはきちんとした証拠・根拠に基いて戦争を行っているのか?
それとも推測に基いて国民を騙すために流した情報によって戦争を行っているのか?

民主主義の基本は政府が正しい情報を流すと言うことですよね。
そうでなければ北朝鮮やキューバの人達が政府の流す情報のみで生きていく
“民主主義”に成り下がってしまいますよね。

ブッシュを支持する人間から正しい情報と言う言葉が出るのを見ると……

Posted by: ルイージ | October 30, 2004 at 11:23 AM

そういえばと思い出したので。

http://www.robert-fisk.com/articles229.htm

『「アメリカ人は略奪者の群れから2つの大切な省庁を守る」

イラクのハイエナたちは、アメリカが略奪と放火を許したものだけを盗み、破壊した。そしてバグダッド市内を2時間、車で走ると、アメリカが何を守ろうとしているのかが、おのずと明らかになった。
(中略)
アメリカが数百人の兵士を配備したイラクの2つの省は、略奪者が手をつけることはなかった。手がつけられなかったのだ。なにしろこれらの省の建物では、内にも外にも戦車と装甲兵員輸送車両、軍用車両のハンビーが配備されていた。またこのことは、これらの省がアメリカにとって非常に重要であることを立証しているではないか。当然ではあるが、イラクの国内情報の中枢である内務省、そして石油省が守られたのはなぜか。油田。それもことさら重要なのは、それが膨大な埋蔵量を有するということだ。イラクでもっとも価値のある資産である油田についての記録と資料は、暴徒や略奪者から遮断され、無傷の状態で保全されている。ワシントンがほとんど確実に意図したとおり、アメリカの石油会社と共有する利益を確保するためだ。

テレビで見ていても異様な光景でしたね。
石油と情報以外管理する気はなかった証拠としては申し分ない。

Posted by: ルイージ | October 30, 2004 at 04:06 PM

Mike,

"Daniel said she decided to write about her experience at Qaqaa after the disappearance of the HMX explosive became a key dispute in the U.S. presidential election campaign."

http://www.iht.com/bin/print_ipub.php?file=/articles/2004/10/29/news/explode.html

Posted by: 真魚 | October 31, 2004 at 12:36 AM

>>アメリカはきちんとした証拠・根拠に基いて戦争を行っているのか?<<

absolutely no credibility!!

>>それとも推測に基いて国民を騙すために流した情報によって戦争を行っているのか?<<

YES, I think so.

Posted by: 真魚 | October 31, 2004 at 12:37 AM

そういえば、アメリカ軍はイラク人による博物館や美術館の略奪にもなにもしませんでしたね。考古学的価値より、石油の方が大事だったようです。

Posted by: 真魚 | October 31, 2004 at 12:38 AM

<<民主主義の基本は政府が正しい情報を流すと言うことですよね。
>>

?!?!?!

Power corrupts. Absolute power corrupts absolutely.

政府とはしょせん汚物を作ってしまう。その政府から人(自由)を守るためにメディアがあるのではないでしょうか?

今回の場合民主党とぐるとなったメディアが定かではない情報に基づいて報道を開始し、情報が入ってきては訂正を。もし、民主党が政府になった場合このメディアと政府との関係はどうなるのでしょうか?

ブッシュ批判はどうぞ好きなだけ行ってください。リーガン時代も同じような批判が。保守思想が嫌いな人はなぜかいかなる理由や手段を使ってでもと言う事がありますから… 

でも民主主義、そして民主主義をツールとして守らないといけない自由が脅かされる環境ができつつあるのであれば、政治の右翼・左翼に関わらず指摘する必要があると思います。

マイク

Posted by: マイク | November 01, 2004 at 03:27 PM

■政府の不正確な情報によってメディアに正しくない情報を垂れ流した例。

『米人気キャスターが陳謝 イラク大量破壊兵器めぐり
【ワシントン共同】
保守的な論調で知られる米FOXテレビの人気キャスター、
ビル・オライリーさんは10日、ライバル局ABCテレビの番組に出演し、
イラクの大量破壊兵器が必ず見つかるとの見解について
 「自分が間違っていた。(大量破壊兵器の情報操作疑惑に)強い不満を持っているし、すべての米国人が懸念を抱くべきだ」
 と発言を撤回、陳謝した。』

保守共和党とグルになったのか、それとも信じたいsourceを鵜呑みにしたのか?
どちらにしても能な(自主規制)キャスターってことで。

>定かではない情報に基づいて報道を開始し、情報が入ってきては訂正を。
>もし、民主党が政府になった場合このメディアと政府との関係はどうなるのでしょうか?

オライリーと同様にあやまれば済むんだよね?
彼は今ものうのうと現役ですし。

>民主党とぐるとなったメディア
決めつけは良くないね。sourceは?


Posted by: ルイージ | November 01, 2004 at 05:27 PM

■民主主義について

リンカーンいわく
" government of the people, by the people, for the people "
「人民による人民のための人民統治」

民主政治・民主主義:「democracy」 「デーモクラティア」(demokratia)というギリシア語に遡る言葉ですが、
ギリシア語本来の意味に注意すれば、「民衆による(デーモス)支配(クラトス)」

>民主主義の基本はメディアが正しい情報を流すと言うことですよね。
この意味不明な定義をした「あなたの言葉」に乗っかっただけなので

><<民主主義の基本は政府が正しい情報を流すと言うことですよね。
>>

>?!?!?!

といわれてもそうだねとしか(笑

Posted by: ルイージ | November 01, 2004 at 05:28 PM

■批判について

>批判はどうぞ好きなだけ行ってください。
もちろん。あなたもしてますし、私もします。
それができることこそ、民主主義の美点だと考えます。

>保守思想が嫌いな人はなぜかいかなる理由や手段を使ってでもと言う事がありますから… 
「嫌いな人」=「リベラル」とレッテルを貼る人はなぜかいかなる理由や手段を使ってでもと言う事がありますから… 

オライリー:
「(イラク人全体の)たった2%しか米軍に感謝していないなんてことは・・・止めとこう。これはもうだめだ。無理だな。もうイラク国民なんかに全く敬意は感じないね。全く尊敬できない。思うんだが、連中は原始人だからな。それが理由だろう。
確かに連中は怖がっているんだ。連中は自由ってものを知らないからな。わかるね。もうイラク国民に敬意を払うなんて必要ないね。アメリカ人たちが民主主義的な社会を根付かせようとして死んでるってのに、2%の国民しか喜んでくれないんだ。そろそろもっと賢くなる時期だよ。

今回は大きな教訓になった。もうイスラム世界に我々が干渉するのは止めにしよう。我々に出来ることは、連中を爆撃して徹底的に痛めつけることだ。バルカンでやってやったように。徹底的に爆撃しろ。地上軍の展開はもうやめたほうがいい。連中の心をつかむなんてうまくいくはずがない。連中は原始人なんだから。(They're just people who are primitive)」

保守の真骨頂だね。

Posted by: ルイージ | November 01, 2004 at 05:43 PM

>民主党とぐるとなったメディア
決めつけは良くないね。sourceは?

まずは...

http://www.nytimes.com/2004/11/01/opinion/01safire.html?hp

この手の情報は沢山御座いますので、ネットで調べてくださいね。ケリー候補の発言のタイミングや民主党からのE-mail戦略などのタイミングをご検証くださいませ。

マイク

Posted by: マイク | November 01, 2004 at 10:00 PM

「不確かな情報を政治利用するものだ」

『この問題が明確になるにはもっと情報が集まらないと』
私はあなたに同意します。

しかし
『今回の場合民主党とぐるとなったメディアが定かではない情報に基づいて報道を開始し、情報が入ってきては訂正を。』

これに同意するには、保守系メディアと共和党もぐるになっているといわなければなりません。
保守のほうがより露骨です。

マイクさん
私はあなたの発言のスタンスに偏りがあると感じています。

政治的スタンスではなく発言のスタンスです。

・爆弾がいつなくなったのか?
・政党とメディアのつながり

両者は共に
「不確かな情報」に基づいた推測にすぎません。

あなたは一貫して人の推測は認めないが、
自分の推測は断定して語っています。

そういった自分を振り返って恥ずかしくはないですか?

Posted by: ルイージ | November 02, 2004 at 01:41 AM

ルイージさん、

オライリーもそうですが、Ann Coulterという保守の右翼のねーちゃんもまたむちゃくちゃなことをいうねーちゃんなんですよねえ。このねーちゃんは、あまり日本では知られていないですが、最近本を買ったので読んだらここで紹介します。

Posted by: 真魚 | November 07, 2004 at 03:06 AM

真魚さん、

http://www.humaneventsonline.com/ に行けば彼女の社説を見ることが。書き方はNYTimesのMaureen Dowdよりちょっと上の位置付けかな? もうすこし、攻撃的な書き方をやめて、教育的な書き方をして欲しいですね。 美人な過激発言をする保守コメンテーターってところですね。

マイク

Posted by: マイク | November 07, 2004 at 07:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36163/1775537

Listed below are links to weblogs that reference The Washington Postはケリーを支持する:

« 根津神社 | Main | 美は乱調にあり »