« マイケル・ムーアへの反論について | Main | スタートレック・ボイジャー・シーズン2のDVDを買いました »

August 29, 2004

マイケル・ムーアへの反論本とアンチ・ムーア・サイト

 マイケル・ムーア反論本とも言うべき本が出た。"Michael Moore Is A Big Fat Stupid White Man " by David T.Hardy & Jason Clarke, ReganBooks(2004) 9月に日本語訳も出るようだ。この本を僕は今日買ってきて、まだパラパラとしか内容を見ていないのだけど、まあ、なんですね、アンチ・ムーア・サイトでよく見かける反論ばっかりみたいな感じですね。

 ちなみに、アンチ・マイケル・ムーア・サイトをいくつか紹介しておくと、

mooreexposed.com

 マイケル・ムーアは高級アパートメントに住んでいる、子供を労働者階級がいないハイクラスの私立学校に通わせている、だから矛盾しているという主張は、まるで中学生の主張ですね。

moorelies.com
moorewatch.com

 この2つのサイトは読んでいて楽しい。ムーアは非愛国者である的なトーンが満載。実際のところ、マイケル・ムーアの言動を追っかけるよりも、政治や外交そのものに目を向ける方がいいような気がするのだが。

 "Michael Moore Hates America"という自主制作映画があるようだ。これもまあ、なんというか。マイケル・ムーアについての「ドキュメンタリー」映画を作るのならば、もっと政治そのものを対象にした映画を作った方がよっぽどいいような気がする。例えば、沖縄での米軍ヘリ落下事件で、なぜ米軍は日本側による現場検証をあれほどかたくなまでに拒否したのか。なにか日本人に知られては困るものがヘリにあったのかと思っているのだが。これを追及した映画を撮ってくれないかなあと思う。

 アメリカでは、日本よりも政治の話題のコメディやジョークはさかんだし、政治の話題で話が盛り上がる。例えば、日本のネットでは政治の話を書き込んでも、それへの反応はほとんどない。それに対して、アメリカのネットでは政治についてそれなりのことを書き込むと、必ずといっていいほど、それに反応した書き込みが帰ってくる。同意見もあれば、真っ正面から反論するものもある。日本だと、政治の話は、なんかカタイ、クライみたいなイメージがあって、なかなか議論にならない。このへん、アメリカ人にはそんな感情は一切ないから議論をしていておもしろい。根本的に、政治に対する考え方が日本とアメリカは違うなと思う。

 これらのアンチ・ムーア・サイトも、マイケルが有名人だろうがなんだろうが、その言っている内容に、自分はこう考えるという意見表明みたいなものである。こーゆーふーに、マイケル・ムーアについて好きだキライだ。ブッシュは正しい、正しくない。共和党を支持する、支持しないとか、ごちゃごちゃ会話することから、政治について、社会について考えるということが始まるんだと思う。まあ、日本で言えば、小林よしのりの『ゴーマニズム宣言』を読んで、あれこれ考えるみたいなもんだろう。社会に関心を持つきっかけとして悪くない。"Moore Bush"というアニメーションは爆笑もの。(かなりロコツです)

|

« マイケル・ムーアへの反論について | Main | スタートレック・ボイジャー・シーズン2のDVDを買いました »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

"Meanwhile, the stock of intellectuals goes down in a life-or-death crisis, especially for those who weren't that brilliant to begin with. Some men claim the status of artists simply because they don't know how to change a tire. Men from the arty class can become parasites, making their try for greatness simply by throwing muck at men who are truly great. For some reason, that makes me think of Michael Moore. If his latest movie -- which perhaps should be entitled 'Paranoid 9/11' -- were truthful, no one would go see it. Its appeal is that it's deliciously false. It's the revenge of the weenies like Moore, who resent the new importance of masculine men like George W. Bush. Moore's audiences want to believe that the Arab jihad against us isn't real, so they can force the rest of us to read their lousy poetry." --Duncan Maxwell Anderson

Posted by: マイク | September 07, 2004 at 05:08 PM

Mike,

I read full text of Duncan Maxwell Anderson's "A TIME FOR MANHOOD" on www.nypost.com.
"Why does manhood matter? Because we're at war." Oh, War? I don't understand what you're talking about.

-osamu

Posted by: 真魚 | September 08, 2004 at 12:42 AM

http://www.citizensunited-interactive.org/c41.11/

このサイトのビデオは面白いのでは?

マイク

Posted by: マイク | September 28, 2004 at 01:19 PM

Mike,

You'd better read this.

http://www.wired.com/news/politics/0,1283,64967,00.html

Posted by: 真魚 | October 03, 2004 at 04:47 PM

Thanks. Look what I found!

http://www.factcheck.org/article.aspx?docid=131

http://www.factcheck.org/article.aspx?docid=140

Moore is barking up the wrong tree!

マイク

Posted by: マイク | October 03, 2004 at 08:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36163/1302960

Listed below are links to weblogs that reference マイケル・ムーアへの反論本とアンチ・ムーア・サイト:

« マイケル・ムーアへの反論について | Main | スタートレック・ボイジャー・シーズン2のDVDを買いました »