« ナベツネ氏の謎の辞任劇 | Main | 反ケリー広告に思う »

August 23, 2004

アメリカで徴兵制度が復活しつつある

 アメリカで徴兵制度が復活しつつあるようだ。合衆国の18歳から26歳までの男女は、2年間の軍隊での兵役か、あるいは民間団体での国防と国家安全のための活動に奉仕しなくてはならないという。この法案は"The Universal National Service Act of 2003"と呼ばれる。7月6日時点では、この法案は議会で提出されている段階であり、まだ大統領の承認を得ていない。しかし、ブッシュがこれにサインをすればこの法律が施行されることになる。

 これほどアメリカ国民にとって重大な法案の存在が、なにゆえアメリカのメディアでは大きく扱われないのか不思議だ。大統領がサインした後で、メディアは徴兵制度が復活しましたと報道しようというのか。アメリカの徴兵制度は1973年に廃止になっているが、今の中年世代以上の人は多かれ少なかれベトナム戦争の記憶がある。つまり、議会にいる政治家たちにとって、徴兵制度なんて「自分たちの若い頃にはあった」(ただし、若い頃には徴兵制度があったということと、実際に徴兵でベトナムに行ったことがあるということはイコールではない)というわけで、カンタンに徴兵制度を復活することができるのではないか。今の大統領のブッシュのように、親の地位が高いと兵役なんてどうとでもなる。政治家は、自分の息子や娘を徴兵で戦場に出すことはしないだろう。兵役はアメリカ国民の義務となるわけであるが、実際に兵役につくのは低所得者層の息子や娘なのである。

 問題は、ブッシュがこの法案にサインするかどうかだ。大統領選挙前のこの時期にサインをすることはないだろうなと思うが、案外隠れてサインしてしまうことも十分考えられる。なんといってもメディアが取り上げないのだから、誰も知らないよな。しかし、もしブッシュ再選ということなれば、この法案にサインをする可能性は高いと思う。

 もしアメリカに徴兵制度が復活したら、日本も徴兵制度が復活しないとも限らない。

 僕は、今まで徴兵制度なんてまさかやりはしないだろうと思っていた。しかし、この法案の存在を知って、少なくともアメリカは徴兵制度が現実の一歩手前になっているということを思うと、日本も将来、徴兵制度の復活はないとは言えない。

|

« ナベツネ氏の謎の辞任劇 | Main | 反ケリー広告に思う »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

 アメリカは現在でも18歳から25歳までの青年は徴兵局?に登録しなければなりません。除外されるのは外国人留学生などで、不法入国した者も登録しないと罰せられます。徴兵そのものを復活するのはいたって簡単なことです。

Posted by: 素人海外生活 | August 23, 2004 at 05:20 AM

素人海外生活さん、コメントありがとうございます。

調べてみました。なるほど、義務兵役サービス(Selective Service System、通称SSS)(http://www.sss.gov/)ですね。連邦法で18歳以上、26歳未満の男性は兵役登録をしなくてはならないとあります。現状では軍隊は志願制ですから、SSSには登録するだけで実際の兵役はありません。国家に緊急事態が起きた時に召集できる(しかも、議会の承認なしに大統領権限でこれができる)ようになっているわけですね。

たいへん興味深い情報をありがとうございました。

Posted by: 真魚 | August 24, 2004 at 01:04 AM

あらら、またまた偏った情報が…

<<、ブッシュがこれにサインをすればこの法律が施行されることになる。>>

まず下院と上院議会の各委員会を通過して、本会議で通過してやっとブッシュがサインできる。でも共和党も民主党も反対している。サポーターは極左の黒人民主党員のみ。

現在志願制で質も量も間に合っているし、軍自体も反対している法律なんですよね。

アメリカのメディアでは結構取り上げられましたよ。NYTimesでサーチ掛ければ結構結果が戻って着ますよ。CNNでもLarryKingLiveなどでとりあげられてましたし。下院での作者Mr. RANGEL はすごい失言をして問題として取り上げられたり。

またこの法案はあくまでも”Stereotype"をベースにしていますよね。貧困で学校にいけない人のみがアメリカの兵隊になっているという。私の弟も海軍に志願しましたよ。去年話題になったのは憶単位の契約を持つフットボールや野球のプロの選手が志願してアフガンで戦死した話。優秀な大学などからも志願する人が沢山。特に陸軍で危険な任務につく人のバックグラウンドなどを見ると尊敬するしかないと。

あまりムアーさんの話を鵜呑みにしないようにね!彼はドキュメンタリーじゃなくてFictionの映画監督なんだから。

マイク

Posted by: マイク | August 31, 2004 at 08:46 PM

マイク、

法案S.89とH.R.163は実在している。これらの法案は、2003年以後今日まで委員会を通過することすらしていないのは事実だけど、SSSという制度がある限り絶対に徴兵制度が復活しないとは言えない。

少なくとも、大統領もしくは議会は市民に対して徴兵を命じてはいけないという法律でもできない限り、徴兵制は可能性としてあるものと思うのが正しい。

士官は優秀な人間だけど、アカデミー卒ではない下士官以下は貧困で学校へ行けないから軍隊に入ったという人が多いことは事実。そして、軍隊で一番人数が多いのは下士官と兵だ。『華氏911』での軍隊のリクルートのシーンは事実だよ。

例えば、志願制より徴兵制の方が兵士に払う給料は安くできる。今はいいかもしれないけど、軍事費の予算を抑えるために、国防総省は将来は一部の徴兵制の導入プランを検討しているかもしれない。

Posted by: 真魚 | August 31, 2004 at 11:46 PM

<<法案S.89とH.R.163は実在している

法案が実在しているから??法案ってどんな議員でも作ることができる。その法案がどこまで進むのかが法案にどのようなサポートがあるかがわかる。この法案はどこまですすんだんですか?ブッシュが極左の議員が書いた法案をサポートするんですか?

<<可能性としてあるものと思うのが正しい。

可能性の世界でのはなしですか?ブッシュがアメリカ医療制度を国営化する方が可能性が高いのでは?

<<志願制より徴兵制の方が兵士に払う給料は安くできる。

軍事予算がどれくらい安くなるんでしょうかね?そしてその全体の比率は?志願制での兵士のMotivationなどを考えるともっと値段が高くなるのでは?

<<軍隊で一番人数が多いのは下士官と兵だ。

これってあたりまえじゃないですか?プロの選手達も下士官だったと。下士官・兵で死にたくなければ、空軍に入ればいいんでしょ?志願制なんだから、自分が行いたい任務につけるように勤めれば? 私は幾度も軍の基地で仕事をしたり、軍の人と酒を飲んだり。軍人じゃないけど、それなりに利点・不利店は理解していると。

リベラルの考え方で理解ができないのが、なぜ極端な例をあたかも本質であるように人につたえるのかですね。なぜみんなをLowestCommonDenominatorにひきおろそうとするんでしょうか?

マイク


Posted by: マイク | September 01, 2004 at 08:08 AM

>>ブッシュが極左の議員が書いた法案をサポートするんですか?<<

大統領がDubyaだから、そのうち施行されるんじゃないかと懸念を持つんです。
例えば、クリントンやカーターが大統領だったら、こんな法案通るわけないじゃんと思うわけだし。共和党の大統領だって、例えばDubyaの父親ならば、こんな法案は成立するわけはないと思う。レーガンだってそう。ジョージ・W・ブッシュとディック・チェイニーの政権だからみんな心配しているのだよ。


>>ブッシュがアメリカ医療制度を国営化する方が可能性が高いのでは?<<

小さな政府を標榜する共和党が、そんなことをするとは思えないなあ。
それとも、ブッシュの言う「おもいやりのある保守主義」ということですか?
大体、ブッシュの政策は保守主義から見ても正しくないところがあるのでは?


>>これってあたりまえじゃないですか?プロの選手達も下士官だったと。下士官・兵で死にたくなければ、空軍に入ればいいんでしょ?志願制なんだから、自分が行いたい任務につけるように勤めれば? 私は幾度も軍の基地で仕事をしたり、軍の人と酒を飲んだり。軍人じゃないけど、それなりに利点・不利店は理解していると。<<

空軍に入ったって、全体安全というわけじゃあないじゃん。軍の利点、不利点を理解しているのならば、志願制なのだからといっても、自分の好きな任務につけるわけではないことはわかるでしょう。


>>リベラルの考え方で理解ができないのが、なぜ極端な例をあたかも本質であるように人につたえるのかですね。<<

極端な例?
起こりうる可能性が十分にあることを「極端な例」として無視するのは保守主義者の欠点ですよ。

今回の大型減税にしても、教育予算を大幅にカットしましたね。でも、教育予算をカットしても、結局、軍事費や国内テロ対策費の増額により財政赤字はなくならないじゃないですか。クリントン政権はレーガンが残した「双子の赤字」をほぼ解決しつつあったんですよ。それなのに、ブッシュはまた「双子の赤字」を増やしましたね。その債務は誰が払うんですか?もう日本政府に無理やり国債を買わせる手はできませんよ。その手は日本人にバレていますから。では、誰が払うんですか?未来のアメリカ市民じゃないですか。これはもう可能性の話ではなく、必ずそうなるという論理的帰結です。もちろん、景気がよくなって、国家の収益が上がればこの問題なくなります。でも、そううまくはいかないことはレーガン時代でわかっているじゃあないですか。

僕がつねづね保守主義が理解できないのは、なぜそんなに政府を信頼できるんですか?
その根拠なき信頼はどこからくるのですか?政府や議会に対して健全な懐疑心を持つことは、もともとヨーロッパの王制から逃れてきた建国以来のアメリカの理念ですよ。

Posted by: 真魚 | September 01, 2004 at 03:21 PM

<<大統領がDubyaだから、そのうち施行されるんじゃないかと懸念を持つんです。>>

ブッシュがなぜ徴兵制度が復活を復活するのか根拠をお見せください。

<<空軍に入ったって、全体安全>>

空軍は将校が飛行機に乗って、兵隊さんは滑走路の横で手をふってるのですが…

<<今回の大型減税にしても、教育予算を大幅にカットしましたね>>

予算は減ったのですか?証拠を見せてください。

<<僕がつねづね保守主義が理解できないのは、なぜそんなに政府を信頼できるんですか?>>

政府を信頼?根拠も証拠もないでっち上げを書き上げてそれを信じなければ政府を信頼しない?

私の方から上記の二つの宿題を出しましたので、返事をお待ちしてますね。どのような根拠・証拠がでてくるか楽しみです!

マイク


Posted by: マイク | September 01, 2004 at 10:42 PM

>>ブッシュがなぜ徴兵制度が復活するのか根拠をお見せください。<<

ブッシュが徴兵制度を復活させるとは言っていません。そうなってもおかしくないと言っているのです。その根拠は。今回のイラク戦争がそうですね。大量破壊兵器はないのに、あると言って戦争をするような指導者を信じろというのですか?
イラク戦争は多くの人々が反対しました。それでも政府はやりました。
愛国法は多くの人々が反対しました。それでも愛国法を作りましたね。
つまり、ブッシュ政権は多くの人々が反対することを行う政権です。
これが民主主義ですか?


>>空軍は将校が飛行機に乗って、兵隊さんは滑走路の横で手をふってるのですが…<<

その飛行場に敵の攻撃はないんですか?
ベトナム戦争では飛行場基地が攻撃されたことは何度もありましたけど。


>>予算は減ったのですか?証拠を見せてください。<<

はいはい、ありますよ。例えば、これ。
ぜひともこれを読んで意見を聞かせてください。
ブッシュの減税は正しかったのでしょうか?
http://www.woodburydems.com/drip.htm

なんと、
George W. Bush Uses Federal College Aid to Pad Corporate Profits & Block Access to College
という事実もありますね。
http://www.johnkerry.com/pressroom/releases/pr_2004_0827c.html

やはり、ブッシュ支持者たちというのは、政府を疑うに足る証拠が十分にあるのに、その事実を見ようとしない人々のようです。

Posted by: 真魚 | September 02, 2004 at 12:42 AM

やはり根拠・証拠ってないんですよね。

もしほんとに証拠に基づいて発言をするなら:

http://www.ed.gov/about/overview/budget/tables.html

ここでは簡単に2003年、2004年そして2005年予算などを読み取る事ができます。 でもなぜここの町、市、州でちゃんと行っていないといけない教育を国が行わないといけないのですか?アメリカの憲法のどこに合衆国がそのような事をしないといけないとかいてあるのでしょうか?ローカルで課税してローカルで使う。これが基本じゃないのでしょうか?

ブッシュが徴兵制をサポートするかも知れない根拠ってDemocracyの中で反対する人がいるって事が根拠なんですか?”愛国法”って議会を何対何で通過したのですか?

空軍の話は30年以上も前の話ですか?ベトナム戦争時代の話ですか?今の空軍でパイロット以外の戦闘もしくは訓練での死者は年間何人ですか?アメリカの空軍基地への攻撃って最後に起こったのは何時ですか?それと海兵隊、陸軍、海軍と比べてみてくださいね。

社説とか政治家のサイトから”ほらこうですよ”って言ってたら、やはり偏った都合の良い意見に基づいての発言となりますよね。

ところで今年の減税で実際にはアメリカの国家税収は増えたってしってましたか?NYTimesでは10面ぐらいにちょろっと。税率を落として税金がふえたんだよね。税収が増えるとまだ減税って言うんですよね。

次回宿題を提出するならもっとちゃんとした証拠を提出してくださいね。今回の採点は30点にもみたないですよ。がんばってくださいね。

マイク

Posted by: マイク | September 02, 2004 at 07:37 AM

またまた、そうやって、自分たちに都合の悪い記事は根拠にならないと言う。

では根拠になるデータとは、政府の発表したデータのみですか。新聞の記事や政治家のサイトのデータは偏っているから信じないと。日本ではそれを「大本営発表しか見ない、信じない」と表現します。国に都合の悪いデータを国の機関が発表しますか?ニクソンがウォーターゲートビルの民主党本部に盗聴器をしかけたのを発表したのはFBIでしたっけ?Pentagon Papersを公にしたのは国務省でしたっけ?

確かに、連邦政府は州に教育補助金は出しますが、学校の管理・運営は連邦政府の役割ではなく、州や市の役割です。連邦政府はそこまで介入できません。であるのに、教育の問題を連邦政府の責任にするな、なんでもかんでも連邦政府や大統領のせいにするなということには同意します。州や市のやるべきことを連邦政府の責任にするから大きな政府になってしまうのだという保守主義の主張は正しいです。

しかし、私が例に挙げたNYTの記事にもあるように、教育について、それでは全部州政府の問題なのかというとそうでもない部分もあります。連邦政府の予算配分は確実に州政府の財政に関わってきます。こういうことを言うと保守主義は福祉予算をカットしろと言うかもしれないけど、そう簡単にはカットできないことは共和党自身もわかっている。

「愛国法」は上院で98対1、下院で357対66で可決しました。アメリカ市民が正式な選挙によって選択した議員が圧倒的多数で賛成した。だから民主的に正しい決定なんだとマイクは言うのだろうけど、そもそも議会自体がアメリカ市民の民意を正しく反映していない(これは日本も同じ)と僕は思っている。もうそうした古典的な代議制政治システムは現代ではうまく機能しなくなっている。大きな問題になっているのが議員とお金の問題だ。このへんは、今までのようにある特定の営利団体や政治集団からの献金ではなく、ハワード・ディーンがやったようにインターネットで一般市民からも献金を受け付けるシステムをもっと全体的に導入する必要があると思う。

さて、僕も近々マイクのブログでコメントを書かさせてもらうからね。The Federalistについて書きたいことがあるし。あと、同性愛や人工中絶についてもね。日本人の慣習から見て受け入れられるかどうか。これ保守主義で重要なことだからね。

Posted by: 真魚 | September 03, 2004 at 01:54 AM

<<自分たちに都合の悪い記事は根拠にならないと言う。

では根拠になるデータとは、政府の発表したデータのみですか>>

問題は報道もしくは民主党の発言で”予算が減っている”と言う事が良くあるのですが、調べてみると予算は増えているが民主党が欲しいほど、もしくは民主党政府(クリントン政権)が予定していたほどの増え方が無いって事だったりするのが多いんですよ。だからほんとに予算が減ったのかどうかを公に出ている情報で調べる必要があるのです。

あなたが政府を疑えと言っていますよね。私は、政府も、政治家も、新聞も疑えといいます。

マイク

Posted by: マイク | September 03, 2004 at 06:19 AM

真魚さんは軍事を分かっているのだろうか?
日本人はあまりにも軍事に無知すぎる気がしてならない。

軍隊と聞くと何十年も前の事を引っ張り出してくるしかなく、
現在(いま)の事よりも過去の事を当てはめようとする。
ある意味で軍事教育を忌避してきたツケなのかもしれない、

何故、ラムズフェルドが徴兵制を拒否するか?
志願制と徴兵制の特徴は何か?

などを根本から考えてみたら?

そして日本やアメリカの地政学上からの必要となる軍隊も
考えるべきではないだろうか?
軍拡=徴兵制復活というのは余りにも浅はかな考えです。
何故、新冷戦といわれたソ連のアフガン侵攻の時に国防費は増えても
何故徴兵制が復活しなかったのか。
在外駐留米軍の大幅削減をはじめとして人員削減を行う計画があるのに、
何故、人員を増やす徴兵制を復活させる必要があるのか。

などは考えてみました?


ついでに↓を見てもムーアを支持できる?
http://tanakanews.com/e0716moore.htm

Posted by: 徴兵制反対 | September 05, 2004 at 04:20 AM

コメントありがとうございます。

現在、アメリカで進められている在日米軍も含めたアメリカ軍の再編成計画については僕も注目しています。ロシアの北オセチア共和国で起きた学校占拠事件を見ても、今の時代は国家と国家の間での大規模な戦争が主体ではなく、テロとの戦いが主体になると思います。アメリカ軍は、そうした新しい状況に対応するために今急速に変貌しつつあります。

ただし、それらは戦術的な戦闘形態の変化であって、第一次世界大戦以後の国家総力戦に対応する平時における戦争体制の維持が重要だとする根本的な思考は変わっていません。21世紀の戦争では、徴兵制という制度は必要なくなったんだと考えることは間違いです。

平時における戦争体制の維持のためには、平時において国民の防衛意識を高揚し、官民一体の防衛体制を確立することが必要です。また、心理戦活動を強化する必要があります。メディアや経済は、いつでも統制できるようにしなくてなりません。そして国策遂行のために必要な人員をいつでも動員できる体制が必要です。つまり、国家が国策のために国民を自由に配置できるという仕組みが必要なのであり、そのために徴兵制という制度が必要不可欠なのです。実際に、徴兵を行って兵員を増強するかしないかは、そのときの判断によります。

アメリカという国は、可能性としていつでも徴兵制度を施行できる制度を持っているということは、今でも戦争体制を保持している国であるということです。戦後日本には、その仕組みのカケラすらない(一時期、防衛庁は極秘で検討していたようですが)ということは、戦後の日本は上記の常識を放棄しているということです。(放棄していることの良し悪しは別の話ですが)


田中宇さんの『華氏911』批判は知っています。それへの僕の意見は、このブログの8月15日に書きました。田中さんは商売上、『華氏911』には触れられていないこんな事があると書かなくてはならないので、ああいうことを書くのだと思います。

Posted by: 真魚 | September 05, 2004 at 11:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36163/1253246

Listed below are links to weblogs that reference アメリカで徴兵制度が復活しつつある:

« ナベツネ氏の謎の辞任劇 | Main | 反ケリー広告に思う »